« 鎌田實の一日一冊(302) | トップページ | 地域包括ケアシステムとは何か61 »

2016年10月25日 (火)

鎌田實の一日一冊(303)

「男の詫び状」(野坂昭如著、文芸春秋)
吉永小百合や永六輔、吉行和子、瀬戸内寂聴らとの書簡のやりとりが載っている。
「ぼくの言葉を誰かが覚えているかぎり、ぼくは死なない」
野坂昭如は、かっこいい男である。

Photo

「絶筆」(野坂昭如著、新潮社)

倒れてから12年、どんな思いで病気と格闘し、病気とねんごろになり、
それでも日本のことを心配しながら、最後まで無頼として生きた。

Photo_2


|

« 鎌田實の一日一冊(302) | トップページ | 地域包括ケアシステムとは何か61 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事