« 廃炉事業のトップを | トップページ | 熊本を訪ねて② »

2016年10月 5日 (水)

熊本を訪ねて①

4月、熊本では最大震度7の大地震が2度もあった。
その後も、大きな余震が続いている。
ゴーっという地鳴りのような、地球の深いところから聞いたこともないような音がして、
大きく揺れた。
家の中にいる人も外にいる人も、逃げるというよりも、その場にへたりこむしかなかったという。

Dsc_0285_2

5月中旬に訪ねたときの熊本県益城町

5か月を過ぎたが、益城町は大変な状況が続いている。
熊本市内はだいぶ復興してきたが、商店街の食堂などで聞くと、
地震の爪痕はまだまだ残っているようだ。
熊本市のがれきは、横浜市が引き受けた。
益城町では、がれきが処分できず、道のそばに積まれている。
災害の大きかった地域のがれきを引き受けるだけでも、復興をスピードアップできるのではないか。

|

« 廃炉事業のトップを | トップページ | 熊本を訪ねて② »