« 訓子府へ | トップページ | チョコ募金2017 »

2016年11月14日 (月)

アルビルのPHC診療所

JCFはイラクのアルビルに、2箇所のPHC(プライマリ・ケア・クリニック)建設の協力をしてきた。
イラク国内の融和と医療レベルの改善が目的。
写真は、はじめにできたハルシャム診療所のスタッフたちだ。
次にできたゼーリン地域の診療所も軌道に乗り始めている。
イラクではPHC診療所がA~Dまでランクされているが、ハルシャム診療所はAランクになった。

Image00205b48d87558a255e789c05789c1

JCFは心電図やエコー、血液検査の機器を整えてきた。
クルド側は、場所と建物のの提供。
アラブ側は医師をはじめとしたスタッフ、薬の提供、という分担で行ってきた。
クルドとアラブは仲が悪いが、このように協力し合うのは現地でも珍しいといわれている。
PHCを支援する日本の取り組みが、接着剤になっているのだ。
これを行ってきたことで、新たな難民キャンプの医療支援の検討会議などにも参加を求められるようになった。
できるだけ、クルドとアルプが協力し合えるようにしながら、支援を続けていきたい。

|

« 訓子府へ | トップページ | チョコ募金2017 »