« 聴診器でテロと闘う(70) | トップページ | ラビング »

2017年3月 5日 (日)

聴診器でテロと闘う(71)

イラクへ通い始めて15年、厳しい状況が相変わらず続いています。

Img_6326_4
脳梗塞を発症して4日目の人が、
入院する場所がなく
救急車で再び出てきた村へ戻っていきました。

左半身まひの老人でした。

もう一度ドクターを呼び、

「脱水を起こしているので
このままでは脳梗塞が悪化する。
1週間だけでも入院場所を探すべきでは」

と話しましたが、
埒があきませんでした。

イスラム国の砲弾を腹部に受け、
Img_6338_2腹部の出血を止める手術は成功しまいしたが
同時に脊髄にまで破片が飛んで、
脊損になってしまった10歳の少年。

どうすることもできないことはよくわかりますが、
ハーゼルの難民キャンプで、
車いすの少年とお母さんは途方に暮れていました。

とんでもない状況が続いています。

この地になんとか
希望の光をともしたいと思っています。

チャイルドケアハウスもできました。
貧乏な避難民の人たちは道端に寝たりしています。
その人たちが泊まる場所もつくりました。
少しずつですが、改善させようとしています。

Img_6343

|

« 聴診器でテロと闘う(70) | トップページ | ラビング »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事