« 鎌田劇場へようこそ!(240) | トップページ | お知らせ »

2017年3月13日 (月)

本別町地域包括ケアキックオフイベント

帯広市から1時間ほどのところに本別町がある。
十勝地方の農場や牧場が広がる景色のいい町だ。
その町で、地域包括ケア研究所は、4月から地域包括ケアを展開しはじめる。

前夜祭として、3日間、地域包括ケアまつりのようなものを開催する。
住民を対象にした健康や在宅ケアの勉強会のほか、
旭川医科大学の学生とともに、症状から病名を推測するNHKの番組「ドクターG」のような「スーパー総合医」などのイベントを行う。
もちろん鎌田も、3日間、すべてに顔を出す予定。
夜も泊まり込みで、健康、命、ケア、子ども、認知症・・・いろんなことを学びあいながら、あたたかい地域をつくるにはどうしたらいいか考える。
十勝地方で、がんばっている先生たちも参加してくださる。
住民からも、行政や医師、専門職の人たちからも、続々と参加の申し込みがあるようだ。
いよいよ地域包括ケアづくりがはじまる。
地域を再生し、地域を明るく元気にする地域包括ケア。
ぜひ、注目してほしい。

Img_6273_2

本別町地域包括ケア キックオフイベント
3月24日(金)講演会・懇親
  「日本で一番安心できる医療や介護が行われるまちをつくるために」
   講師 諏訪中央病院名誉院長 鎌田實
      同 院長補佐 山中克郎医師 ほか
3月25日(土)講演会
  「魅力的な人材が集まる病院をどうつくるか--総合診療医の役割」
   講師 諏訪中央病院院長補佐 山中克郎医師
      同 診療指導医 奥知久医師
3月26日(日)研修会
   「魅力的なまちづくりを考えよう」
    講師 鎌田實 山中医師、石塚裕介氏(地域包括ケア研究所)

|

« 鎌田劇場へようこそ!(240) | トップページ | お知らせ »

「医療・介護」カテゴリの記事