« 鎌田劇場へようこそ!(344) | トップページ | 鎌田のYahoo!ニュース »

2017年5月 3日 (水)

鎌田劇場へようこそ!(345)

「パーソナル・ショッパー」
パーソナル・ショッパーとは、忙しいセレブに代わって、洋服やアクセサリーを買い付ける仕事。
カギを預かって自宅に出入りする。
そんな仕事をしている一人の女性が主人公だ。
双子の兄を、先天性の心臓病で亡くし、自分も心臓の病気を抱えている。
生前の兄と、どちらか先に死んだらあの世から連絡する、と約束していた。
兄は霊感が鋭かった。
部屋のなかでざわついたり、お茶を飲んでいると窓ガラスに人影がよぎったり、
落ちるはずのないものが落ちたり。
亡き兄の存在を感じる。
オカルト映画のようにつくられていないのがいい。
心理ミステリーだ。

Photo

監督はフランスのオリヴィエ・アサイアス。
カンヌ国際映画祭で、この作品で監督賞を受賞している。
主演女優はクリステン・スチュワート。
とにかく美しい。
映画にはいろんな見方がある。
風景がきれいだったり、ストーリーがおもしろかったり。
だが、ずっと忘れない作品は、俳優の存在感が大きい。
クリステン・スチュワートの美しさは、エンドロールまでずっとひきつけられる。
結末は、「お、そうくるか」というもの。
いい映画をみることは、幸せです。

|

« 鎌田劇場へようこそ!(344) | トップページ | 鎌田のYahoo!ニュース »

「映画・テレビ」カテゴリの記事