« 台湾で | トップページ | 新・空気の研究78 »

2017年8月17日 (木)

お知らせ

日本人に巣食う「忖度」という病の正体に迫る!
小学館カルチャーライブ
「忖度バカ」はいらない!

日時 8月23日 19.0~20.30
会場 小学館
受講料 1800円
申し込みはこちら↓
周囲のことを忖度しすぎて、職場で、家庭で、地域で、息苦しくなっている人はいないだろうか。
忖度という服従で権力にしがみつく「忖度バカ」のせいで、日本の国力も落ちてはいないだろうか。
細菌兵器を研究していた旧日本軍の731部隊は、現在の金で2億5000万円もの研究費を国からもらっていた。
チフス菌やコレラ菌を敵国に広げるにはどうしたらいいか、
細菌の研究を極めたいと思っていた人たち。
タテ社会の権力、人事、ポジション争いが、忖度過剰を生み出していく。
「愛国」といいながら、結局は自分が大切であり、権力やお金や研究を愛していたのではないか。
愛国というパラドクスである。
ぼくたちの国は、ユートピアではなく、ディストピアに向かっているような気がする。
方向転換するには、空気をかきまわすこと。
服従者にならないこと。
自由に向かって勇気をもつこと。
フェイクにだまされないこと。
強い人ではなく、弱い人のために、と考えて行動すること。
新しい時代をつくり出すにはどうしたらいいか。
忖度バカという切り口で1時間半たっぷりと、分析し、鎌田流の別解を探す。
どうぞご参加ください。

|

« 台湾で | トップページ | 新・空気の研究78 »