« 豚しゃぶサラダ | トップページ | 麻雀仲間 »

2017年8月21日 (月)

感性光る高校生ボランティア

高校生ボランティアアワードは、高校生が日ごろ続けている「ささやかで偉大な活動」を応援するプロジェクト。
今年も、埼玉スーパーアリーナで開催された。
主催は「風に立つライオン基金」。
設立者で理事のさだまさしさんのチャリティコンサートも一緒に開かれた。
101の高校がボランティア活動を発表。
どれも、いい発想で、すばらしい活動だが、
鎌田がイチオシしたのは、神戸市立科学技術高校の「空飛ぶ車いす研究会」。
ネーミングがいい。
使えなくなった車いすを、修理して、タイやスリランカへ送っているという。
車いすが飛ぶわけではなく、飛行機で運んでいるわけだ。
13年間で2000台送っているという。
もう一ついいなと思ったのは、岐阜県立岐阜工業高校の光るエコ消しゴム。
「いやなみらいを消せる消しゴム」だという。
言葉の使い方が、とてもキャッチ―だ。
それにしても、なぜ、未来を消すのか。
小学生2、3年にアンケートをとると、自分の未来が暗く、消したいと思っている人が多いという。
そのことに愕然として、蓄光剤を入れた消しゴムをつくった。
被災地にも、この光る消しゴムをで配っているという。

Img_7714

「空飛ぶ車いす」にしても、「いやなみらいを消せる消しゴム」にしても、
子どもたちの感覚は鋭い。
その背景には困っている人に手を差し伸べたいという気持ちがあるところがとてもいい。
写真は、三重県のセントヨゼフ女子学園の生徒たちと。
歩くことで寄付金を募り、シオラレオネや東日本大震災の被災地に寄付金を贈る活動をしている。

|

« 豚しゃぶサラダ | トップページ | 麻雀仲間 »