« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月19日 (火)

新・空気の研究85

1万6000トンの使用済み核燃料をどうするのだろうか。
福島第一原発のメルトダウンした核燃料棒を本当に取りだせるのか。
政治家はいい顔をして、必ず取り出すという計画を出している。
が、仮に取り出したとしても、どこが燃料デブリを引き受けてくれるのだろうか。
フィンランドのオンカロは、10万年単位で使用済み核燃料を地中深く閉じ込めているが、
日本では計画だけで、どこが受け入れてくれるのかまったく決まっていない。
にもかかわらず、核燃サイクル事業は生き続けている。

Img_0607

政治家や御用学者、電力会社などいろんな人たちが忖度という病に陥っているから、まともな議論ができない。
道徳的にも、経済的にも、感情的にも、成り立たないことはわかっているのに、
まっとうな議論もせず、「原発は必要」という路線ありきで思考停止している。
そして、儲かるということだけに注目しているように思えてならない。

|

2017年9月18日 (月)

必要なのは対話

北朝鮮がまたミサイルの発射実験を行った。
アメリカのミサイルは10万発、北朝鮮にはノドン300発。
圧倒的な差があることは間違いない。
しかし、数の問題でないのだ。
300発のミサイルを使えば、韓国と日本にはかなりの被害が出る。
1964年に中国が核実験に成功した後、1972年に中国とアメリカは国交を結んだ。
核やミサイルの問題だけで話し合いをするのは難しい。
国交正常化と経済協力をしていくことが大事だ。
そして、北朝鮮の国民が気づき、国民自身が国の在り方を変えていくしかない。
アメリカを中心にした有志連合がフセインを倒したが、それがイラクや世界にとってよかったのか。

Img_6720

結局は、テロリストを増やすというマイナスのほうが上回ってしまった。
ISが制圧したモスルは解放されたが、テロリストがゼロになったわけではない。
地下に潜って、これから世界中でとんでもないことを起こしていくだろう。
リビアのカダフィも、死後、国が治まらなくなった。
シリアもまったくそうだ。
外国が手をつっこんでいいことなどない。
北朝鮮では20年くらいかかるかもしれないが、その国の国民が政権を変えること。
これが一番被害を小さくすることだと思う。
いま必要なのは対話だ。

|

2017年9月17日 (日)

軽やかで熱く

セイジ・オザワ松本フェスティバルに行ってきた。
ピアニストの内田光子と、サイトウ・キネン・オーケストラが共演した。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番ハ短調では、小澤征爾が指揮。
内田光子のピアノは、情感たっぷり。
軽やかで熱く、これぞベートーヴェンと思わせるようなピアノだった。

Img_7822_3

Img_7821_4


サイトウ・キネン・オーケストラが内田のピアノを包み込むように、ときには火花が散る、演奏家同士の戦いとなり、それを小澤征爾がやさしく美しいコンチェルトにまとめ上げていた。

やはり小澤征爾はすごい。
スタンディングオベーションがずっと続いた。

|

2017年9月16日 (土)

負けたほうから見る

宿泊しているホテルに、サッカーW杯予選で日本で対戦したオーストラリア代表チームが泊まっていた。
前夜、日本に負けたせいか、選手の顔は一様に暗かった。
このところ日本に負けていなかったので、せめて同点くらいはと思っていたのだろう。
1、2度チャンスはあったが、圧倒的に日本のほうがチャンスが多く、点数も2対0。
それでもアスリートは負けた翌日から次の戦いが始まる。
W杯最終予選、日本は突破が決まったが、
このとき、まだオーストラリアにも、厳しいがまだチャンスはあった。
早朝からプールやジムで体を動かしていた。

Img_6929

戦いは負けたほうから見てみるといい。
なぜ負けたのか。
オーストラリアは日本と同じようなまわすサッカーを心がけていたが、
パスサッカーは日本のほうが一枚上手。
ワントップの大迫をはじめ、前側の選手が引かずに前に出ていたから、
ますますオーストラリアはパスが通らなくなっていた。
攻めてくる相手に、後ろで守るといい守りにならない。
得点につながる攻めのサッカーをするには、オフサイドラインをぐっと上げることしかない。
若い選手が出て来たことがいい。
21、22歳の選手が中心になって得点できたことは、日本選手にとって大きい。

|

2017年9月15日 (金)

新・空気の研究84

脳は意外にだまされやすい。
だまし絵なんか典型的な例だ。
何かに集中していると、目の前を通った人が見えないこともある。
英語に「エレファント・イン・ザ・ルーム」という言い回しがある。
あるはずのないと思い込んでいると、目の前にあっても見えないということだ。
2005年にアメリカのクリフトン・メドワー博士が興味深い論文を発表した。
末期の肝臓がんと診断され、余命数カ月と診断された患者がいた。
みるみる衰弱して、告知された余命もまっとうできず亡くなった。
死後、解剖してみると、なんと患者はがんではなかった。
誤診だったのだ。
つまり、人間は、思い込みで死ぬということだ。
忖度も、基本的には底流に思い込みがある。
こうすれば自分は出世するだろう。
この人についていったほうがいい。
多くの場合は想像と思い込みである。
イメージトレーニングしていると、脳は思い込みやすくなる。
野球の選手などが、試合前にぶつぶつ自分に言い聞かせている人がいる。
自分が勝つと思い込んでいると、不思議に体が動き出す。
偽薬もそうだ。
うどん粉でも、「いい薬だ」と言われるとよくなったような気がする。
病は気からというが、人生も、スポーツも、ビジネスも、気と関係している。

Img_6729

自分は「幸せ」と思っている人とそう思っていない人の16年後の人生を調べると、
「幸せ」と思っている人は、思っていない人に比べて、
280万円くらいの収入が高いということがわかった。
ハーバード大学の調査だ。
思い込むということが人間の人間たるところである。
だからこそ、過度な忖度も生じていく。
「思い込み」の力を上手に使うのはいいが、過度な忖度で自分を縛ってしまうと、人生はつまらなってしまう。

|

2017年9月14日 (木)

新・空気の研究83

サイコパスのなかには向社会的サイコパスというのがある。
競争心があり、共感能力をオンとオフにすることができるという。
総じて、怖いもの知らずで、みんなが怖がってやらないようなこともやってしまうところがある。
ぼくなんかも少しそういう精神病質の傾向があるように思う。
イラクの難民キャンプに行くときには、ISが制圧している地域から50キロくらいのところで活動するのだが、
「よく活動できますね」と驚かれる。
「なるようにしかならないんですよ。
日本にいても交通事故に遭うかもしれないので同じです」と答えている。
チェルノブイリの放射能の汚染地域に行くときも同じだ。
別に怖いとは思わない。
自分を待っている人がいると勝手に思い込んでしまい、全力投球をしてしまう。

Img_6714

脳には、ミラーニューロンという神経細胞がある。
子どもは、自分にかかわってくる周囲の人たちの様子をみており、
言葉を真似したり、行動のパターンを覚えていく。
子どものなかには、ぼくが次に何を欲しがっているのかわかって、
それをもってきてくれる子がいる。
「ありがとう。よくわかったね、えらいね」
ほめると、さらにぼくの行動を見て、次は何だろうと考える。
おそらくこれは、他者理解が根っこにあるように思う。
人は模倣学習をしているわけだが、その根っこにあるのは他者理解である。
チンパンジーは他者理解がないわけではないが、あまりうまくない。
ボノボはそれを上回っている。
その根底あるものは共感の力だ。
ぼくたちは、人のあくびが伝染したりするが、ボノボにもそういうことがみられる。

|

2017年9月13日 (水)

新・空気の研究82

人は忖度しながら進化してきたのではないか。
他の動物よりも圧倒的に強いのは「共感力」といわれている。
目の奥の皮質のところと、偏桃体という部位が共感に関係している。
自閉症の人は、いくつかの脳の機能の偏りがあるといわれ、
特に、この偏桃体の機能の低下がよくみられる。
しかし、生まれつき脳機能に問題があったとしても、
早期幼少期の育ち方、周囲のかかわり方で脳は発達は変わってくる。
この時期に虐待を受けたり、精神的に強いプレッシャーを与えられたりしていると、
精神病質(サイコパス)になりやすいといわれている。

Img_6908

45年ほど前、精神病質の人が再犯の危険がある場合、罪を犯す前から「保安処分」にするという改正刑法草案が提示されたが、
精神病質というあいまいな概念で、自由や人権を奪うものということで廃案となった。
このときぼくは学生で、大学の新聞会で保安処分反対のメッセージなどを出した。
共感力がないということは、忖度が下手だということだ。
だから、生きるのが不器用になる。
だからといって「サイコパス」というレッテルを貼って、隔離したり、差別したり、分断したりするのは決していいことではない。

|

2017年9月12日 (火)

新・空気の研究81

民族や宗教が違う結婚は、苦難が伴う。
「タレンタイム~優しい歌」というマレーシアの映画を見た。
伝説の映画とも、アジアの宝物ともいれている。
ヤスミン・アフマド監督の最高傑作。
51歳でこの作品をつくり、すぐに脳出血で亡くなった。
その後、日本各地で自主上映され、多くの人がみている。
いつまでも胸にしまっておきたい青春の熱い思い。
いくつもの名曲とともに、感動の物語が繰り広げられる。
マレーシアは、マレー系やインド系、中国系の民族や宗教の違う人たちがいる。
世界の縮図だ。
イスラム教を信仰する家庭の歌の上手な女の子が、
高校の音楽コンクール「タレンタイム」に参加することになった。
インド系ヒンドゥー教徒の青年と恋に落ちる。
つきあいはじめたとき、青年のおじが隣人に殺される。
おじには、宗教の違いが原因で、好きな人と結婚できなかった。
青年の母親はショックで食べれなくなる。
息子と女学生との宗教が違う者同士の恋に反対する。

Photo

分断を乗り越えるにはどうしたらいいか。
民族や宗教や思い込みという壁をどう超えるか。
ぼくたちは「共感」ができる生きものだ。
しかし、その共感は仲間の結束を強め、守り合う一方で、自由を奪ったり、縛ったりする。
民族や宗教が違う者同士の恋愛や結婚は、幸せになれないのではないかと慮ってしまう。
だが、共感は同時に、民族や宗教を超えた人間同士の間にも起こる。
見えない壁を壊すのは、空気であり、共感がその空気を変えていく。

|

2017年9月11日 (月)

軍備より外交

防衛省は、陸上型イージス「イージス・アショア」を配備しようとしている。
ロッキードマーチン社から2機、買おうとしているが、値段は1600億円ということだ。

Img_6930

弾道ミサイルに対する対策を強化したいというのはよくわかるが、
迎撃力に限界があり、置けば置いたで周りの国との軋轢が増してくる。
軍備にお金をかけるのではなく、外交で平和な世界へと歩をすすめる努力をしなければいけない。

|

2017年9月10日 (日)

臍帯血の無届移植

臍帯血のなかにある幹細胞はいろいろな細胞になる。
ぼくたちはチェルノブイリの放射能汚染地域ゴメリでかつて、末梢血幹細胞移植を指導した。
それは本人の末梢血から幹細胞を取り出して培養し、
抗がん剤で白血病細胞をたたいた後、この幹細胞を移植する治療だ。
他人の臍帯血を移植する場合は、治療計画を国に届ける必要がある。
その届け出をしないで臍帯血を使ったとして、民間バンクの業者や医師らが逮捕された。
その臍帯血は、白血病の治療ではなく、どうもアンチエイジングや、
科学的根拠のない治らないがんに対しての治療として使われたようだ。
幹細胞の移植は、GVHDという拒絶反応が出で、体に危険なことも起こりうる。
白血病や悪性リンパ腫の治療に大事に使われなくていけない臍帯血が、こんなことに使われるのは許せないことだ。

|

2017年9月 9日 (土)

夢があるということ

さだまさしさんから「恵百福 たくさんのしあわせ」が送られてきた。
最新のアルバムだ。
9月6日にリリースされた。

Photo

「詩歌唄」は面白い。
「海賊に憧れたことは無かった
ヒーローにも憧れない子どもだった」
こんなふうに始まる。
歌手になって、あこがれの無人島を買った。
「詩島」と名付けた。
なんと、この島には伊能忠敬も来たこともある。
海を汚したくないから浄化槽をつくるが、島の値段より高くついた。
その後、借金を担っていく話が歌われていく。
再び、ロビンソンクルーソーに戻る。
島で仲間たちと釣りをしたり、暖炉に火を入れたり。
このロックンロールがなかなかいいのである。

Fullsizerender

「喜びは数えない
悲しみも数えない
泣けるだけ泣けたら
それでよいと思う」
という「潮騒」もいい。
「忖度という病」について考えているとき、「詩島唄」を聞いた。
忖度という病にならないためには、自分の夢をもっているかどうか、
自分の世界観がきちんとあるかどうか、
ここが大事なような気がする。
官僚や政治家になったのは、この国をいい国にしたいという思があったはず。
弱い人のために役立つ人間になろうと思っていたはず。
権力におもねる忖度なんてしている暇はないのにな。
弱い人へのまなざしをもってほしいと思いながら聞いた。

|

2017年9月 8日 (金)

Jアラート高血圧

北朝鮮による弾道ミサイルが発射され、Jアラートが発信された。
29日早朝のことである。
外来に、80歳の女性が来た。
Jアラートが鳴ってから、不安で血圧が上がり、身の置き所がないという。
北朝鮮は「イスラム国」のようなことはしないから大丈夫。
彼らはちょっと子どもじみていて、何とか対話をしてほしいと、ロケットを飛ばしているだけだ。
そんな話をして、落ち着いてもらった。
北朝鮮は、「キム王朝」が守られればいいと考えているだけだ。
こんなことで日本が大騒ぎすれば、どんどん相手の思う壺にはまってしまう。
世界は北朝鮮に圧をかけ続けたが、うまくいっていない。
経済封鎖も、抜け道が多すぎる。
今以上に厳しくできるならやってもいいが、同時にテーブルの下でコミュニケーションを取り始めるべきだ。
もっと巧妙に、面子なんて忘れて、
どんなことがあっても戦争しなければいいくらいに、大きく構える必要がある。

Img_7608

アメリカが何とかしてくれるなんて思わないことだ。
かといって、世界の歴史を勉強せずにきた北朝鮮を変えられるとは思えない。
こういうときこそ、北朝鮮側ともっと話ができる人間を仕込んでおくことが大切だ。
忍者外交である。
そして、北朝鮮の若者には、日本を旅させればいい。
彼らが外国を見ることで、自分の国の姿がわかってくる。
スパイ行為もあるかもしれないが、長い目で見れば、彼らに外国を見せることが大事なのだ。
そこから「キム王朝」の瓦解が始まる。
それにしてもJアラートはひどすぎる。
ミサイルが飛んできて、「机の下に隠れろ」とでもいうのか。
もっと精度を上げ、いたずらに高齢者を不安に陥れないようにしてほしい。

|

2017年9月 7日 (木)

鎌田實の一日一冊(315)

「軟骨的抵抗者 演歌の祖・添田唖蝉坊を語る」(鎌田慧、土取利行著、金曜日)
明治、大正のすごい演歌師、唖蝉坊。
自由民権運動が盛り上がるなか、
「まっくろけのけ、おや、まっくろけ」というまっくろ節だとか、
ノンキ節、げんこつ節、ラッパ節など、風刺とユーモアのきいた歌をつくっていく。

Photo

えんかの「えん」は、演説の「演」であり、色恋の「艶」であり、怨恨の「怨」でもある。
テレビ、ラジオというマスメディアのない時代、
庶民のレジスタンスが歌だったというのはおもしろい。
そのなかで、硬骨でも、恍惚でもなく、軟骨というぐにゃぐにゃのクラゲのようなつかみどころのなさで、権力に抵抗する姿は魅力的だ。
晩年、遊行期になった彼はほとんど歌わなくなる。
「ああ、わからない、わからない。
賢い人はナンボでもある世の中に、バカ者が議員になるのがわからない」
1906年の作品だが、今聞いても笑ってしまう。

|

2017年9月 6日 (水)

JBPRESS鎌田實のヌーベルバーグ

「日本人が好きな台湾人:震災で最大支援をしてくれた理由」
震災のとき、なぜ台湾は世界でもっとも多額の寄付をしてくれたのか。
高齢者が親日的なのは感じていたが、若い人たちにも話を聞くと、
「日本に行ったことがある」という答えが返ってきた。
東京や京都だけでなく、地方にディープな旅をしていた。

Img_7570

台湾の要人から「日本精神」という話も聞いた。
誠実で、やり始めたらとことんやる日本人の気質のこと「リップンチェンシン」と言っている。
これは自分たち台湾人にとって、勉強になるといった。
この「日本精神」については、いろんな人が口にした。
JBPRESSの記事はこちら↓
 
日本テレビevery.「ナゼナニっ?」というコーナーでも放送された。
ぜひ、ご覧ください。

|

2017年9月 5日 (火)

新・空気の研究80

第二次世界大戦に入る直前、日本の軍部が嫌ったのは、
社会主義や民主主義ではなく、自由主義だと聞いた。
自由主義というのが、わかりにくい。
自由とは、負債を負っていない、社会的に制約されていない状態をいう。
自由主義は、いろんな顔をもっている。
左翼といわれたくないために、「私はリベラル(自由主義)」という人がいる。
自由主義は、保守と思われていることも多い。
自由な競争を中心にして、小さな政府で、福祉は小さくしていこうという主義である。
でも、ぼくはこの「自由主義」を、立場にとらわれない主義ととりたい。
左でもなく、右でもなく、というのが大事なのだ。
いつもニュートラルなポジションにいて、
ときには左からものを見、ときには右からものを見る。
より自由になっていくために、一人の人間にレッテルを貼ったり、貼られたりしないようにすることが大事なのだと思う。
右とか左とかレッテルを貼られると、
「あいつは保守なので、言うことを聞いてあげよう」とか、
「所詮、左だから、全部反対しよう」とか、
表面上だけの論争になり、議論が深まらない。

Img_6905

SNSなどのITで人と人がつながりやすくなったが、同じような思考形態の人たちがつながるだけで、
異なる意見の人たちと議論を深めることはない。
CNNはフェイクと思っている人たちと、CNNはまあまあ正しいと思っている人たちと、
互いに内輪で盛り上がるだけ。
埒が明かないのである。
どちらにも入らないニュートラルな人間が、
一人の人間として、自分はどう考えるか結論を出していくことが大事だと思う。
自民党に入ったら、自民党が決めた考えにならい、自分の意見を曲げるというのではなく、
一人ひとりが自分の考えを持っていることが大事なのではないか。
ぼくは、それを「自由な人間主義」と呼びたい。

|

2017年9月 4日 (月)

自分で選択すること

「いつも楽しく先生のブログを読ませていただいています」という女性から手紙をもらった。
4月から諏訪中央病院に入院している。
ドクターも看護師もみな親切で、快適な入院生活という。
「先生のおっしゃる“あたたかい医療”という理念がいきわたっていることを感じました」
近いうちに緩和ケア病棟に移るかもれないとも書かれていた。
この方とお会いすることができた。
たいへん厳しい病状だった。
小さな子どもがいて、やさしい夫と全力で生きている。
がんになったのは福島第一原発が関係しているのではないか、と疑っているようだった。
遠く離れた沖縄へ行きたいとも考えていた。
科学的な根拠がないのは本人もわかっているようだ。
子どものためにも、自然豊かで、安心して暮らせるところがいい、と思い込んでしまっているのだろう。

Img_6921

本人の人生、後悔が残らないように自己決定していい。
ぼくは、賛成も反対もしなかった。
結局、この方は家族とともに沖縄へ行く選択をした。
もし、この人と何度か、もう少しゆっくり話すことができたら、考え方を変えることができたかもしれない。
でも、この人にはこの人の人生がある。
納得しているのだ。
夫も賛同しているということも大事なところだ。
この3人の沖縄生活が、少しでも長くなることを祈っている。

|

2017年9月 3日 (日)

森のレストラン

原村のカナディアンファームに久しぶりに行った。
ちょっと若い、疲れている医師たちと、その後、ぼくの指導医もしてくれている
山中先生と奥先生たちが合流。
ハセヤンがつくってくれた燻製や、窯で焼いたチキンを食べた。

Img_6995

Img_7729

Img_7732

偶然、バザーが開かれていた。
カナディアンファームは心をほっとさせてくれる。
ドクターたちも、おいしいものをいっぱい食べて、森の空気を吸って、
元気が出てきたようだ。

|

2017年9月 2日 (土)

美しい自然のなかで健康講演会

山梨県の小淵沢にあるアルソアの女神の森セントラルガーデンで、講演をした。
「しあわせライフスタイル八ヶ岳vol.1~まあるい心をはぐくむ食と健康」と題し、
ぼくの講演の後、浅田真央さんの管理栄養士の方と、アルソアのレストランのシェフが作ったランチを食べてもらった。
美しい環境のなかでの食事は、いい時間になったのではないか。

Img_7736

Photo

ランチメニューは、野菜たっぷり。
長野県では、野菜たっぷりの具だくさんみそ汁などで、毎日の食事から野菜をたくさん食べる習慣を身に着け、
平均寿命日本一になった。
この日は、野菜たっぷりのコンソメスープが出た。
スーパーフードをいといわれているアマランサスも、上手に使われている。
アマランサスは、カリウムや鉄分、カルシウ

Img_7745

ム、マグネシウムなど体にいいものを含んでいる。
小淵沢のある山梨県北杜市は健康寿命日本一のおしゃれな町だ。
講演をしていると、国蝶のオオムラサキが飛んできた。
この辺りでは、よく見られるという。

 

自然や食、運動、音楽を通して、定期的に健康講演会をしていきます。
次回以降の予定は、次の通り。
10月14日「鎌田先生に学ぶ健康と運動」
来年1月24日「鎌田先生に学ぶ心豊かな人生」(音楽ライブ同時開催予定)
ご興味のある方はぜひ、ご参加ください。

|

2017年9月 1日 (金)

講演会のお知らせ

 中央法規出版 創立70周年記念 × 新刊『「わがまま」のつながり方出版記念』

たいとう3丁目ゼミナール
「しあわせな介護のつくりかた」
~地域包括ケアは、わがままをつなぐネットワーク~

■ 日 時 : 2017年9月21日(木)18:00 ~ 19:00 (17:00受付開始)
■ 会 場 : 中央法規出版(株)入場無料(定員100名)

サイン会も行います。

定員になり次第締め切りますので、ぜひお早めにお申込みください。

お申込み方法・詳細はこちら      

新刊:「わがまま」のつながり方
鎌田 實=著
1,620円(税込)
中央法規 刊

|

« 2017年8月 | トップページ