« 口の衰えは災いの元? | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(372) »

2018年1月27日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(371)

「花咲くころ」
岩波ホール創立50周年記念作品の第一弾。
グルジアの映画は、「放浪の画家 ピロスマニ」や「みかんの丘」を見たことがある。
厳しい内戦を生き抜いた人たちの、切ないけれど、命の底力を感じさせてくれる映画だった。
この映画もそう。
14歳の少女たちが厳しい状況のなかで生き生きと生きている。
エカ役のリカ・バブルアニが妖精のように美しい。
親友の結婚式で踊るグルジアダンスは圧倒的な存在感を放っている。

Photo

監督はナナ・エクフティミシュヴィリ。
女性らしい繊細なタッチで描いている。
映画好きにはたまらない映画だ。
2/3から岩波ホールで上映。

|

« 口の衰えは災いの元? | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(372) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事