« 若者たちに伝えたい | トップページ | 鎌田實の一日一冊(330) »

2018年4月 4日 (水)

鎌田實の一日一冊(329)

「貧困クライシス 国民総「最底辺」社会」(藤田孝典著、毎日新聞出版)
「下流老人」の問題を世に問うた著者が、全世代に広がる貧困について警鐘を鳴らしている。
「下流」で貧困に陥る高学歴。
非正規のまま40代を迎える1000万人。
下流老人が増え続ける理由。
貧困が貧困を生む衝撃の現実が見えてくる。

Photo

「反福祉論-新時代のセーフティーネットを求めて」(金菱清、大澤史伸著、ちくま新書)
福祉は財政的に限界に達している。
そんななかで貧困クライシスをどう乗り切るか。
使いづらく、ひ弱な公助に頼らず、だれもが生きやすい社会を模索する動きが始まっている。

Photo_2

いまある福祉制度から漏れている人たちをどう救うか、重要な問題である。

|

« 若者たちに伝えたい | トップページ | 鎌田實の一日一冊(330) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事