« 「雪とパイナップル」がダンスに | トップページ | QOD »

2018年4月28日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(381)

「女と男の観覧車」
名匠ウディ・アレンの監督作品。
1950年代のコニ―アイランドを舞台に味のある映画をつくった。
4人の男女が織りなす心の葛藤。
この年代の空気感を示す映像美に、アカデミー賞女優のケイト・ウィンスレットが好演する。

Photo

光の使い方が面白い。、
ケイト・ウィンスレット演じるジニ―が出てくるのは西日の時間。
突然、現れる夫の娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が出るときは、マジックアワーといわれる日没や夜明け前の時間だ。
不思議な光のなかで、ストーリーが進んでいく。
だが、観覧車のように4人の男女はどこへも行くことができない。
一場面一場面、演劇を見ているようだ。
ちょっとしゃれた映画。

|

« 「雪とパイナップル」がダンスに | トップページ | QOD »

「映画・テレビ」カテゴリの記事