« スタバの対応 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(386) »

2018年5月25日 (金)

鎌田劇場へようこそ!(385)

「ウインド・リバー」
カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞受賞。
力作である。
美しい雪景色のなかで、18歳の少女の他殺体が見つかる。
舞台はネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。
何もない、雪以外。
忘れられた土地だ。
そんな景色のなかで人間の心が病んでいく。

Photo

ネイティブアメリカンがもっていた絆や部族、信仰、自然とのつながり。
それらを全部奪い、居留地で意味のない仕事をさせる。
かつてはあったはずの自然の法が壊れて、完全に無法地帯になっていく。
許しがたい犯罪が起きていく。
極上のクライム・サスペンス映画。

|

« スタバの対応 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(386) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事