« ゲルニカ | トップページ | カマラジオ #6 »

2018年5月28日 (月)

新刊発売

「曇り、ときどき輝く」(鎌田實著、集英社)
「青春と読書」という雑誌で2年間、連載してきた24のあたたかな話が詰まっています。
フランスの映画監督ウニー・ルコントと鎌田の往復書簡をした話などをしながら、家族や地域のつながりなどを掘り下げています。
事前にパイロット版をつくり、たくさんの人に読んでいただきました。
うるうる来た、あたたかくなった、元気が出た・・・などの声が寄せられています。

Photo

今月号の「青春と読書」では、「曇天の時代を輝かせる24の物語」と紹介されています。
どんな厳しい状況に追い込まれても、
人生はけっこうもしろい
と思いながら、この本を書きました。
ぜひ、24の物語を読んでください。

|

« ゲルニカ | トップページ | カマラジオ #6 »