« 盛岡でうた語り | トップページ | 鎌田實の一日一冊(334) »

2018年5月 4日 (金)

ゲストは山崎章郎先生

6日の「日曜はがんばらない」(文化放送、午前10時~)は、「死の哲学」を持とうということで、
ゲストはベストセラー「病院で死ぬということ」の山崎章郎先生。
在宅診療専門のケアタウン小平クリニックの院長だ。
山崎先生とは、このケアタウン小平ができたとき見学にいったり、
彼がやっている命の勉強会のための講演会で2回ほど講演したことがある。
今回は、久々にお会いしたことになる。

Photo ゲストの山崎章郎先生(中央)と、番組パートナーの村上信夫さんと

ラジオの収録が終わってから、山崎先生がぼくの西高時代の文章がネット上にあることを指摘された。
それを見ると、ぼくは東京医科歯科大学と千葉大と横浜市立大に合格したとある。
1つ歳上の山崎先生は、2年浪人して千葉大に入った。
ぼくは1年浪人して東京医科歯科大に入ったが、もし千葉大に行っていたら、
2人は千葉大で同級生だったかもしれない。
「こんな熱苦しいのが2人いたら、医学部の空気が変わっちゃうよね」と笑い合った。
そんな浅からぬ山崎先生をゲストに迎えた「日曜はがんばらない」。
ぜひ、聞いてください。

|

« 盛岡でうた語り | トップページ | 鎌田實の一日一冊(334) »