« 2018年6月 | トップページ

2018年7月

2018年7月17日 (火)

JCFにご支援を!

過日、JCFの理事会、総会が東京で開かれ、これまでの活動を報告した。
イラク支援では、外務省の日本NGO協力で約2800万円の補助をいただき、
プライマリヘルス診療所を難民キャンプにつくってきた。
クルド自治政府には建物を、イラク中央政府には薬や人材を、
そして、両者の接着剤として日本がかかわり、
三者が協力しあって難民キャンプで暮らす人たちへの診療行為を行っている。

Img_9564

診療所で使われているエコーや放射線の機器などは、日本政府から補助を受け導入できた。
現地でとても感謝されている。
昨年度の決算は約6000万円。
どこのNPOも厳しいといわれているが、まあまあの状況で運営できている。
今年度は、今月、イラクに7人が支援に入る。
12月にはチェルノブイリにも支援に入る予定だ。
これからも支援を続けていくために、みなさんのご協力をお願いいたします。

|

2018年7月16日 (月)

攻めの姿勢

まちだ丘の上病院は院長や新しく入ってくれたドクター、イギリスで研究している小森ドクターらを中心に、新しい態勢ができつつある。
当直医には、大学の先生が来てくれることになった。
さらに、東芝病院の副院長していたぼくの同級生が、週一回応援に入ってくれる。
入院患者は61人。
地域の専門家集団からも評価いいただき、紹介をいただけるようになってきた。
医師会にも入り、医師会の先生とも仲良くしながら、できるだけ地域とともに歩んでいこうと思っている。
7月25日の午後には、まちだ丘の上病院で鎌田實の地域包括ケアのつくり方の第三回講演会をおこなう予定。
いよいよ攻めの時期に入ってきた。

Cig_img005

このブログ「八ヶ岳山麓日記」のアクセス数が、1200万PVを超えました。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

|

2018年7月15日 (日)

お知らせ

『言葉で治療する』(朝日新聞出版)の増刷が決まりました。
2009年に出版してから9刷。

Photo_5

いまも講演などで「愛読しています。サインしてください」とこの本を持ってきてくれる読者もいます。
繰り返し読んでいます、という人もいて、ありがたいことです。
ぜひ、お読みください。

|

2018年7月14日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(389)

「男と女、モントーク岬で」
カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した「ブリキの太鼓」で知られるドイツの名匠シュレンドルフ監督の作品。
主役は、ニーナ・ホス。
「東ベルリンから来た女」に出ていた魅力的な女優だ。
ベルリンの壁を越えていく女性医師の話。
林のなかを自転車に乗る光景の美しさは、今も忘れられない。

Photo_4

有名小説家が昔、恋した女性と過ごしたモントーク岬。
ニーナ・ホス演じるレベッカと17年ぶりにドライブをする。
17年前に何があったのか、17年間どうしていたのか、次第にわかってくる。
レベッカは弁護士となり、小説家と別れた後、新しい恋人と一緒に生活した。
しかし、そのパートナーが突然、亡くなって、魂がパートナーのところへいってしまった。
17年ぶりに小説家と海岸を歩く彼女は、まるで「幽霊」のよう。
だが、再会したことで、それぞれスタートを切ることができる。
とても素敵な映画だ。

|

2018年7月13日 (金)

材木屋さんの応援団

諏訪中央病院の庭は、多くのグリーンボランティアたちによって支えられている。
そのなかに材木屋さんがいる。
サンルームや堆肥小屋を建てたりするときの材木を持ってきてくれるのだ。

Img_9542_2

彼は15年ほど前、諏訪中央病院にセカンドオピニオンを受けに来た。
地元の病院で手術をすすめられていたが、ぼくの意見を聞きたいという。
ぼくの見解は、手術はしないほうがいいというものだった。
結局、彼は手術をしないことを選んだ。
そして、今も元気である。

Photo

Photo_2

そんなご縁があり、諏訪中央病院のグリーンボランティアを応援しようと、何かあるときには材木を届けてくれる。
そのうちに、この材木屋さんは特別な材木を扱っていることが知れ渡り、
原村など近隣の建築会社が注文してくれるようになったという。
商売の材木を運びがてら、諏訪中央病院のためにボランティアで木材を運んでくれるのだ。
こういう応援団がいてくれる、本当にありがたいことだ。

|

2018年7月12日 (木)

カマラジオ #10

鎌田實「いのちを語る」第10回

Inochi2 Kamaradio

http://m.himalaya.fm/album/329156/sound/13788583/2/jp

激しいモダンジャズのサックス奏者、坂田明が奏でる、優しい音色。

4万枚を売り上げた、がんばらないレーベル 坂田明「ひまわり」誕生秘話など。

※がんばらないレーベルは、鎌田が代表を務めるJCFが、支援金を集めるために立ち上げたオリジナルのレーベルです。
ご購入はこちらから:

http://jcf.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=665724&csid=0

|

2018年7月11日 (水)

鎌田劇場へようこそ!(388)

「母という名の女」
ミシェル・フランコ監督。
メキシコの映画だ。
カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞受賞作。
「母」という言葉には、いつも「海」のように大きな器を感じる。
その一方で、「母という病」や「母源病」という側面が語られるようになった。
母はいつも大きな愛をもつパーフェクトな存在だと考えがちだが、
「海」だって寛容な海と、人を拒絶する激しい嵐のときもある。
津波のようにすべてを破壊することもある。

Photo_3

この映画は、人間の心のなかを暴いていく。
傑作ミステリーだ。
17歳の娘が出産する。
母親として娘を助けていくうちに、嫉妬や欲望が生まれてくる。
「母」が「女」に変身していくのだ。
フランコ監督は、「母」と「女」の両方をまだら状にもつ生身の人間を映し出していく。
別れた夫に「娘を助けて」といいに行くが、冷たくあしらわれる。
その夫と同じように、自分も冷たい母になっていく。
人間という生きものがいかに厄介なものかわかる映画だ。

|

2018年7月10日 (火)

緩和ケア病棟の焼き肉会

諏訪中央病院の緩和ケア病棟で、焼き肉会があった。
患者さんやご家族のために、5階のベランダで焼き肉やトウモロコシを焼く。
すると、いい匂いに、若い医師たちも集まってきた。
この焼き肉会は、毎年やっているが、きっかけは若い末期がんの女性の「焼き肉が食べたい」という言葉だった。

Img_5011

病院では、食べやすい食事、消化のいい食事を出すようにしてきたが、
たまには焼き肉を食べたい人がいるんだな、と気づかされた。
スタッフで話し合って、焼き肉を出すことにすると、
この患者さんのお母さんがすばらしい提案をしてくれた。
自分の娘のためだけでなく、緩和ケア病棟のみなさんと一緒に食べようということになったのだ。

Img_5018

以来、年に一度の焼き肉会が、緩和ケア病棟の恒例の行事となった。
ホスピスボランティアの人たちも、寒天料理をつくってきてくれた。
楽しい焼き肉会である。

|

2018年7月 9日 (月)

坂田明ジャズライブ

久しぶりに、坂田明のライブを聞きに行った。
小淵沢にある女神の森セントラルガーデンでの「梵人譚ライブ」だ。
メンバーは、ベースのジム・オルーク、キーボードのジョバンニ・ディ・ドメニコ、ドラムスの山本達久。
そして、サックスとボーカルは坂田明。
4人の即興の掛け合いが激しく、炸裂した。

Img_0003

坂田さんはご存知の通り、かつて山下洋輔トリオにサックスで参加し、
その後、ヨーロッパツアーを経験したモダンジャズ界のトップランナー。
JCFでは坂田さんに、CDアルバム「ひまわり」と「おむすび」を作ってもらった。
「ひまわり」は映画音楽として名高いが、
ぼくとベラルーシのゴメり州立病院に行き、演奏したのが「ひまわり」だった。
その話をしながら、今回のライブも「ひまわり」の演奏で〆られた。
坂田さんは、東京薬科大学生命科学部客員教授や広島大学の客員教授もしている。
剛腕、坂田明、元気だ。
久しぶりに会えてうれしくなった。

|

2018年7月 8日 (日)

鎌田劇場へようこそ!(387)

「告白小説、その結末」
鬼才ロマン・ポランスキー監督作品。
流行作家に名前のない脅迫状が送られてくる。
精神的に苦しいときに、謎に満ちた女性があらわれ、相談にのってくれたりする。
優秀なゴーストライターだという。
彼女は、マネジャーのようなことをしてくれ、作家に代わってメールの返事なども書き始める。

Photo

小説と夢と嘘が入り乱れていく。
上質のサスペンス。
さすがポランスキーといえる映画だ。

|

2018年7月 7日 (土)

住まい × 介護 × 医療展

 2018年7月10日(火)・11日(水)
 東京ビッグサイト 東3ホール
 介護・医療セミナー (鎌田實)

 2018年7月11日(水) 15:40 - 16:30

 楽しむことが大切 
 ~地域包括ケアに関わる全ての 方へのメッセージ~
 

 特別会場にて

 

入場・セミナー聴講共 無料
予約不要・先着順
主催:高齢者住宅新聞社

ぜひお聞きください。  

|

2018年7月 6日 (金)

7/11 地域医療みらい塾

鎌田が登壇します。ぜひご参加ください。

20180725_2


【7/25(水)】

まちだ丘の上病院講演会シリーズ~ 特別企画~
鎌田實先生 と丘の上特別講話&BBQ
日時: 7月25日(水)
    講話 15:00-16:00(14:30開場)
    BBQ 16:00-17:30
場所: まちだ丘の上病院(東京都町田市小野路町11-1)
主催 地域包括ケア研究所
参加費:講話は無料 BBQは500円(小学生以下無料)
主催 
お申込みお電話か FAX または E-Mailにて特別講話・BBQ 参加の旨をご連絡ください
TEL 042-735-3731
FAX 042-735-3732

【7/11(水)】

地域医療みらい塾 ベーシックコース第1回 
先人に学ぶⅠ「地域包括ケア実践ケース」

日時: 7月11日(水) 19:00~21:00
場所: AP東京 丸の内 BC会議室
    (東京都千代田区丸の内1丁目1-3
    日本生命丸の内ガーデンタワー3階)
主催 地域包括ケア研究所
参加費:2,000円
お申込み:https://goo.gl/forms/UpLTNywp6bSlYF3J3
 
<地域医療みらい塾とは>
 
『地域医療みらい塾』とは、これからの地域を共に創っていく”地域医療人”が集まり、ともに学び合っていく場です。
 
 私たちが考える”地域医療人”とは、臨床の現場だけではなく、地域にとってどのような医療・福祉・介護などのヘルスケアインフラが必要になのかを考え、地域を創り上げていく活動に参加していくことができるような人材です。
 
 臨床の専門家であったとしても、地域に住む人々の診療をするために、とても重要な視点です。「病」だけでなく、その背景にある人をケアするという視点を持った専門家です。
 
『地域医療みらい塾』では、諏訪中央病院で地域包括ケアの先駆けを作ってきた鎌田實所長だけでなく、様々な地域での地域医療・福祉等に関わってきた、優秀な講師陣を呼んだ学びの場のみならず、参加者がともに参加して研鑽していけるような対話型・参加型の塾です。

|

2018年7月 5日 (木)

亡き子の誕生日

岩手県大槌町にある風の電話。
その風の電話のある庭をつくった佐々木さんは、一人でなんでもつくってしまう。
石をコツコツと積んだ森の図書館、暖炉。
コンテナを改造してつくったというカフェがまた居心地がいい。
なんでも自分でつくるという点で、ぼくの友人カナディアンファームのハセヤンに似ている。

Img_9879_2

佐々木さん夫妻が、ぼくの70回目の誕生日を知って、サンドイッチを用意してくれた。
陸前高田の看護師さんがケーキを用意してくれていて、南三陸の看護師さんと男性のケアマネジャーらと一緒に祝ってくれた。
佐々木さんから、震災の3か月前に病気で息子さんを亡くした女性の話を聞いた。
その女性は、「生きていれば、明日で5歳になります。風の電話でお誕生日おめでとうが言えました。息子に届いたと思います。素敵な場所をありがとうございました」と言ったという。
ぼくも、心の中でその子の誕生日を祝いたいと思う。

Img_9884

庭のベンチに座ってみた。
震災前は岩手の美しい海が見えたという。
巨大な堤防が作られ、さらに道路を利用した二重の堤防ができ、視界から海が消えた。
東北の被災地を歩いていると海が見えないところが増えている。
せめて海が見える場所をいくつもつくって、海の近くにいることを子どもたちに実感させてあげたいな。
そんなことを、見えない海に思った。

|

2018年7月 4日 (水)

風の電話

釜石製鉄所で働いてきたという佐々木さんは、54歳で早期退職した。
彼の言葉でいうと「自分の田舎づくりをするため」だという。
鯨山の中腹を1000坪買った。
隣の山の持ち主が地続きの土地を買ってほしいということで、その土地も買い足した。
そこに森のコンサートやツリーハウスを作った。
庭造りのために鍛冶屋をやったり、花を活けるための器を作ったりもしている。
美しい庭になっている広い土地も、一人で開墾してきた。

Img_9891

そのなかに、電話線のつながっていない「風の電話」がある。
3万人近くの人がこの風の電話を訪ねている。
ぼくも、電話ボックスに入ってみた。
昔のダイヤル式の黒い受話器をとると、過去の自分とつながったような気がした。
「今のぼくの生き方で、お前は納得しているの?」
返事はなかった。
電話ボックスの大きさが心地いい。
そこに置かれているノートには、震災で突然、大切な人を亡くし心の整理がつかないという人の思いが書かれていた。
でも、ここへ来て受話器をとって、うれしかった、という言葉も綴られていた。
死んだ人と今もつながっているという思いが大事なんだろう。
(続きます)

|

2018年7月 3日 (火)

小高のラーメン

南相馬市の小高駅前の商店街。
いちばんの売り物は双葉食堂のラーメンだ。
ここはいつもお客さんが並んでいる。
今回、ぼくが行った昼時も、10人くらいが店内のテーブルで目当てのラーメンを待っていた。
無駄なものをすべてそぎ落とし、おいしい塊にしたような昔ながらの味は、ファンが多い。

Img_9951 双葉食堂のラーメン

震災直後からぼくと一緒に被災地をまわったり、一緒にチェルノブイリに行ったテレビマンも、
この味に魅せられて、月に一回この店に通い、手伝いながら修行を始めている。
通りを歩いていると、加藤さんが走り寄ってきて、ハグをした。
加藤バーバーの加藤さんだ。

Img_9941 理髪店を営む加藤さんと

震災後、早い段階で店を開け、一日1人か2人のお客でも頑張り続けていた。
今は息子さんも帰ってきて、店も元気になってきたという。
以前は、ぼくもここに来たとき、髪を切ってもらったことが何度かあるが、
今回はお客さんが待っているようだったので遠慮した。
大阪から移住してきた若者がコーヒー店を始めていた。
そして、昨日紹介した柳美里さんのフルハウス。
小高区も、少しずつ賑わいを増してきている。

|

2018年7月 2日 (月)

10代に戻ったら読みたい20冊

南相馬市小高区に、芥川賞作家・柳美里さんの本屋「フルハウス」がオープンした。
とてもすてきな本屋さんだ。
ここの特徴は、なんといっても棚のつくり方。
鎌田實の「もし自分が10代に戻ったら読みたい20冊」というコーナーがあり、
おすすめ本の理由が冊子にまとめられている。
ぼくがおすすめする本を一冊、鎌田の本を一冊、買って、
冊子ももっていく人もいるとか。
一つの読書案内になるといいなと思う。

Img_9923

詩人の和合亮一さんの「思わず詩が書きたくなる20冊」というコーナーには、
ぼくと同じように「田村隆一詩集」があるのを見てうれしくなった。
アレン・ギンズバーグの詩集もあり、ぼくもギンズバーグの「吠える」という詩集が大好きだ。
こんなふうに、24人の作家たちのおすすめの20冊があり、とても興味深い。
自分との共通点をみつけたり、まったく知らなかった世界を案内してくれたりする。

Img_9956 フルハウス店主の作家・柳美里さんと

Img_9930

先日は、ここで鎌田の本の朗読会と、柳美里さんとのクロストークの会があった。
フルハウスの裏には元ポンプ屋さんの小屋があり、そこでコンサートや芝居、講演会ができるようになっている。
欧米では、作家が自作の朗読会をすることが多いが、柳美里さんはそんな文化をこの南相馬で広めようとしている。
本屋の可能性は大きい。

|

2018年7月 1日 (日)

シリア難民のリーム来日

イラクの難民キャンプで准看護士として働いているリームが子どもを連れて来日している。
彼女は、18歳のときシリアのダマスカスの看護学校に通っていたが、
治安が悪化し、イラクのクルド地区に逃れてきた。

Img_1249

Img_1253 難民キャンプでの生活や妊産婦支援の状況などについて語るJIM-NET現地スタッフのリーム・アッバス(左)

彼女はクルド人。
クルドは、国家を持たない最大の民族といわれている。
難民キャンプで暮らしながら、妊産婦支援をしていたJIM-NETと出会い、
現地スタッフとなって。
今は、妊産婦支援やシリア難民の小児がんの支援などを行っている。

Img_1417 

シリアはISがいなくなっても、緊張状態は続いている。
帰っても職がなく、学校に戻ることもできない。
7月中旬、「日曜はがんばらない」(文化放送、日曜午前10時~)のゲストに出演予定。
ぜひ、リームの声を聞いてください。

|

« 2018年6月 | トップページ