« 鎌田劇場へようこそ!(408) | トップページ | 鎌田實の一日一冊(341) »

2018年12月19日 (水)

鎌田實の一日一冊(340)

「東大を出たあの子は幸せになったのか」(樋田敦子著、大和書房)
東大卒の女子30人にインタビューしたルポ。
東大を出た女性は、「なかなか愛されない」が、「なめられない」。

Photo

東大に合格した子には二つのパターンがあるという。
一つは、先生の言うことを聞いて、たまたま学力がついた子。
もう一つは、いろいろな情報を集めて、入試問題を分析し、自分の勉強法を編み出した子だという。
なるほどなと思う。
なかなか面白い本だ。

|

« 鎌田劇場へようこそ!(408) | トップページ | 鎌田實の一日一冊(341) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事