« 2018年12月 | トップページ

2019年1月

2019年1月22日 (火)

安田講堂で団塊世代の未来を考える

全共闘運動50周年の東大安田講堂で、講演会がありました。
在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワークによる
第25回全国の集いのプレ大会です。
テーマは「2019団塊・君たち・未来」。
専門家だけでなく市民も含め約600人が参加しました。

Img_1703

演者の一人、理学療法士の三好春樹さんには、以前から影響を受けていましたが、久しぶりに話を聞き、なるほどと思うことがたくさんありました。
たとえば「認知症は関係障害、人間と人間の関係や自己との関係の障害」と考えるとわかりやすいといいます。
さらに、「自己決定は大事だけれど、むしろ共同決定のほうがわかりやすい」
「認知症の人の行動は、なぜそれをするのか考えてみると解決の糸口がわかる」という話も出ました。

Img_1696

団塊の世代の参加者が多いなかで、『下流老人』という本を書き、当たり前に生きて、当たり前に貧困になるという問題を提起した藤田孝典さんの話も聞くことができました。
三好さんも、藤田さんも、以前、対談していますが、あらためて話を聞き、新鮮な感じがしました。
淑徳大学の教授をしている結城康博さんは「団塊世帯の責務」と題して語りました。
全共闘運動で人生が変わった司会者や演者の話は胸に響きました。
                     ◇
今年9月15、16日、池袋の帝京平成大学のキャンパスで、全国の集いが開催されます。
地域医療研究会との合同開催が検討されていますので、ぜひ、ご参加ください。

|

2019年1月21日 (月)

チョコ募金

1月22日の「大竹まことゴールデンラジオ!」(文化放送、13:00~)に出演します。
鎌田の出演は14時25分ごろから。
大竹さんは、JIM-NETのチョコ募金の応援をしてくれています。
昨年も番組で応援してくれたことで、申し込みの電話が鳴り続けました。
ぜひ、ゴールデンラジオを聞いてください。

Img_1514 チョコ募金応援隊のみなさんと

チョコレートはあと、2万5000個。
最終コーナーを回りました。
湯川れい子さん、東ちづるさん、クミコさんがツイッターで呼びかけてくれています。
その反響がハンパではありません。
パルシステムや自然派くらぶからも怒涛のような応援をいただきました。

Img_1524 アルビルに建設中のJIM-NETハウス

バレンタインデーのプレゼントに、ぜひ、哲学のあるチョコレートを!
世界を平和にし、子どもたちの命を守るチョコレートです。

|

2019年1月20日 (日)

グリーンボランティア

病院の庭を手入れし、美しい草花で患者さんたちを勇気づけているグリーボランティア。
毎年、勉強会をしていますが、そのシリーズの第一弾として、ぼくの「健康と命の講演会」があります。

Img_1737t

今年は、庭のハーブで作ったお茶をいただきながら、1時間ほどお話をしました。
樹木希林さんから学ぶこと、鎌田初の紙芝居『鎌田先生のアリとキリギリス』で伝えたいこと、
チョコ募金のお話をしたところで、時間切れ。
春、グリーンボランティアの活動のお昼ごはんのときに、庭で鎌田式かかと落としとスクワットをみんなでやろうと約束して別れました。
グリーンボランティアの活動はもう30年近くになります。
病院にとって、大切なパートナーです。

|

2019年1月19日 (土)

入試問題に

今年もぼくの本が入試問題に使われました。
『〇に近い△』(ポプラ社)は、岡山中学の入学試験問題に。
『空気は読まない』(集英社)は、六甲学院中学、
『人間の値打ち』(集英社)は、鹿児島県立高校、
『人間らしくヘンテコでいい』(集英社)は3年近く時間をかけて書いたものですが、
これは逗子開成中学の入試問題に使われました。

Img_1738

ぼくの本は看護学校や医学部の問題にもよく使われています。
入試問題をきっかけに、若い人にもぼくの本を読んでもらいたいと思っています。

|

2019年1月18日 (金)

お知らせ

1月20日の「報道プライムサンデー」(フジテレビ、朝7:30~8:25)に、鎌田がコメンテーターとして出演します。
いつも黒のスーツか、黒のジャケットにジーパンというカッコが多いですが、
今回は、82歳のテーラーが力を込めて作ってくれた最新のスーツで出演します。
1年前に比べて胸囲や肩幅、太ももが1㎝ほど大きくなっていることがわかり、
調整しました。
冬は毎日、スキーに行って10キロ近くを滑っています。
週2で、スポーツジムに行き、トレーナーについて鍛えています。
42.5キロのバーベルを担いでスクワットができるようになりました。
ジムへ行かないときには鎌田式かかと落としとスクワットをやっています。
そのおかげで、体型が変わってきました。

Img_1712

1月21日は、「名医のTHE太鼓判!」(TBS、夜7:00~)
「医師が選ぶ食材総選挙」というテーマで送る3時間のスペシャル番組です。
鎌田はほんのちょっと、出演します。
前回がぼくが出演したときは視聴率15%ととても好評だったとか。
ぜひ、ご覧ください。

|

2019年1月17日 (木)

ホスピスでピザパーティー

緩和ケア病棟の患者さんが「ピザとパスタが食べたい」と言い出しました。
では、ピザパーティーをしよう! と乗り気のご家族。
病棟の看護師も手伝いながら、ホスピスボランティアの応援が入り、着々と準備が進みした。
緩和ケア病棟の入院患者さん自身が、「食べたい」と言い出して、
自身がパーティーをするのは、鍋パーティーが最初。
今回は、その第二弾です。
と、そんな話を、レストラン・ピーターで食事兼打ち合わせをしていると、
ピーターの3兄弟のシェフたちが、
「先生、(患者さんで)肉を食べたいという人がいたら応援しますよ」
とうれしい申し出をしてくれ、ピザパーティーにも見に来てくれました。
そして、2月は、患者さんが「肉が食べたい」と言い出したら、ピーターの贅沢なステーキを出そうという話になりました。
次男のシェフも、「ステーキのほかに、何を出そうか」とアイデアを練っています。

Img_1685

Img_1687

ピザパーティーは、たくさんの人の協力で、発案者の患者さんとご家族はもちろん、ほかの入院患者さんやご家族たち、ホスピスボランティアらが楽しく、おいしいひと時を過ごしました。
前日、入院してきた患者さんのご家族は、
「こんなにあたたかな病院は初めて。いくつのも病院でがんの治療をしてきましたが、
最後の最後にここへ来て、ほっとしています」
と、しみじみ語ってくれました。
その言葉を聞き、カマタもついつい、うるっと来てしまいました。
あたたかさとやさしさが勝手に回転を始めて、大きな渦になろうとしています。

|

2019年1月16日 (水)

お知らせ

『脱・呪縛』(理論社)が1/20、朝日中高生新聞で紹介されます。

Datsujubaku_hyou1_obitsuki

10代の子どもたちに読んでもらいたくて書いたのでありがたいです。
まず、大人が読んで、いいと思ったら、お子さん、お孫さんにプレゼントしてください。

|

もっと自由に

20190116

『脱・呪縛』(理論社)のPOPです。

10代の君へ。
もっと自由に。
縛られないで生きて行こう。
せっかく生まれてきたのだから、
自由に生きればいいんだ。
呪縛も、自縛もダメ。

この本を読んだ方から感想もいただいています。
中学校の教諭からは、
「10代の子どもたちに、やさしく本音で語り掛けているような、
全国の学校に一冊あってほしい本でした」

アマゾンのレビューでは、
「本書はシンプルで大変読みやすいのだが、深い。
さらに著者御本人しか書けない内容である。
手元に置いて繰り返し付き合ってゆける本書だ。
贈り物にも最適」

POPの写真は10年ほど前のもので、今とだいぶ体型が違います(笑)。

|

2019年1月15日 (火)

バレンタインのプレゼントに

チョコ募金のチョコレート、
今年は「戦場のたんぽぽ」がテーマです。
たんぽぽのイラストは、力強く、ピュアで、かわいいと評判です。
もうすぐバレンタインデー。
ぜひ、哲学のあるチョコレートをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

2019

イラストは、イラクの白血病の子どもたちが描いたもの。
すてきな缶の中身は、六花亭のチョコレートです。
あと3万個。
お急ぎください。
お申込みはこちら↓

|

2019年1月14日 (月)

おもしろい映画2018

2018年もたくさんの映画をみました。
鎌田がおもしろいとうなった映画を5本あげてみしょう。
「記者たち 衝撃と畏怖の真実」
なぜイラク戦争が起きてしまったのか。
戦争することでもうかる企業と政治家の動きを、2人の記者が追っていく。
迫力満点です。
「カメラを止めるな!」
製作費300万円で、31億円を売り上げた。
映画作りの情熱が感じられます。
「ボヘミアン・ラプソディ」
ラスト20分の、クイーンのコンサート映像が圧巻。
「アリー スター誕生」
レディー・ガガとブラッドリー・クーパーがいい味を出している。
クーパーは監督で主役。渋くてかっこいいです。

Photo

「響-HIBIKI」
欅坂46の平手友梨奈が好演。
「脱・呪縛」を書いていた1年前から、欅坂46と米津玄師の歌を聞いていましたが、
平手友梨奈は上り詰めたような気がします。

|

2019年1月13日 (日)

ミドリマン?

年末年始は、連日スキー三昧でした。
10年ぶりに、緑色のスキーウェアを新調し、「ミドリマン」といわれているとかいないとか。

Img_1084

これまで愛用していたウェアは、イタリア製。
スイスのツェルマットからイタリアへと滑り降りたとき、そこで買ったものです。
しかし、新しいウェアを着てみると、やはり温かい。
時代とともに、製品の保温性が向上しているようです。

Img_1103

Img_1111

板は、昨年からフォルクルにのり替え、とても気に入っています。
靴はやはり10年ぶりにヘッドに。
とても調子がいいです。

|

2019年1月12日 (土)

鎌田劇場へようこそ!(411)

「喜望峰の風に乗せて」
1968年、イギリスのアマチュアのヨットマンが世界一周単独無寄港という過酷なレースに参加する実際の話。
十分な準備ができなかったことで、主人公は焦り、自分のヨットの位置について嘘をついてしまう。
大海原でひとり孤独と闘い続ける主人公を、「英国王のスピーチ」で絶賛されたコリン・ファースが見事に演じている。

Photo

単なる冒険ドラマになっていないところがいい。
人間の苦悩や寂しさ、希望、名誉が深く語られていく。
なかなかの作品に仕上がった。

|

2019年1月11日 (金)

もっと自由な生き方を

『脱・呪縛』(理論社)の原稿を書いていた昨年1月ごろ、
10代の若者の間で人気が沸騰していた米津玄師の音楽を、ぼくも聞きまくっていました。
そのときの原稿が本の形になり、そして、米津玄師が紅白で初めてテレビ出演。
1年間という時間を飛び越えるような、不思議な感覚です。
時代は、10代の若者たちがつくっているのかもしれません。

Datsujubaku_hyou1_obitsuki

「もっと自由でヘンテコな生き方をしていいんだよ、そうやさしく語り掛けてくれる。
10代の生き方の選択肢を広げたい子に対して、こんな自由な生き方があるよっていう辞書みたいな本」
この本について、こんなツイートをしてくれた人がいます。
うれしくなってしまいました。

|

2019年1月10日 (木)

地域を健康に

地域包括ケア研究所は今年、3期目を迎えます。
北海道の本別町からはじまり、鹿追町、上士幌町などの取り組みも加わってきました。
旭川医科大学とのつながりにより、名寄市や旭川市、羽幌町などへの事業も広がりつつあります。
東京都町田市では、まちだ丘の上病院で地域包括ケアの拠点づくりに取り組んでいます。

Cig_img037 まちだ丘の上病院で

2019年度は福島県西会津町の健康づくりをお手伝いする予定です。
東京では、定期的に地域医療みらい塾を開催。
だいぶ定着し、たくさんの方にご参加いただけるようになりました。
財政的な基盤がしっかりしてくれば、古民家を活用した新しい地域包括ケアの実践基地もつくりたいと考えています。
地域包括ケア研究所は、今年も元気です。

|

2019年1月 9日 (水)

イノシシの貯金箱

JCFでは支援のため福島に通っていますが、福島の民芸品をヒントにして、イノシシの貯金箱をつくりました。
牛乳パックを利用したもので、信州大学教育学部の学生さんが考案してくれました。
とてもかわいい出来です。
JCFでは、この貯金箱に小銭が貯まったらJCFに寄付してくださいという「GOGO!ウリちゃん」キャンペーンをしていますが、それが先日、信濃毎日新聞で紹介されました。

T 2019年1月8日信濃毎日新聞

JCFではイラクの難民キャンプに診療所を5つつくりました。
難民となったドクターたちが難民を診るというシステで、国連も興味を示しています。

Img_0774

ぜひ、JCFにご支援ください。

|

2019年1月 8日 (火)

似顔絵

流山市の中学校で教師をしている山田先生は、ぼくが東京や千葉で講演をしていると、7割くらいの確率でひょこりやって来ます。
熱心な教師で、その熱さに脱帽して、彼の中学校に行き、教科書にない一回だけの命の授業をしに行ったこともありました。
生徒会が自発的に「あったか宣言」をつくり、いじめをなくして、学校生活を過ごしやすくするための10の言葉を選ぶなど、すばらしい取り組みをしています。

Img_1669t_3

その山田先生から、手紙が来ました。
『曇り、ときどき輝く』(集英社)を読んで、JRとパスを乗り継ぎ、南相馬にある柳美里さんの本屋に行ってきたのだとか。
「10代に戻ったら読みたい本20冊」の鎌田コーナーを見て、何冊か手にとり、柳美里さんが地域の人と芝居を始めたことに感動したと書かれていました。
ぼくがよく訪れる双葉食堂にも行き、ラーメンの大盛も食べたとか。
その彼の手紙には、鎌田の似顔絵が添えられています。
とても上手です。

|

2019年1月 7日 (月)

中村キース・へリング美術館

北杜市にある中村キース・ヘリング美術館に行ってきました。
キース・へリングは、1980年代に活躍し、HIVで若くして亡くなったアーティスト。
核放棄や反アパルトヘイト、エイズ予防など、アートで訴えてきました。

Img_1667_2

館長の中村さんは、メバロチンという高脂血症の薬を開発。
その収入で、ホテルやレストラン、そして、このキース・ヘリング美術館を運営しています。
すてきな美術館です。

|

2019年1月 6日 (日)

お知らせ

第25回 全国の集い in東京2019プレ大会 開催
“2019団塊・君たち・未来”

20190106_2

日時 2019年1月12日(土) 13時半~18時(受付開始12時半~)
会場 東京大学 安田講堂
資料代 2000円
主催 在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク
鎌田は、第3部で「地域包括ケアと健康民主主義」と題して講演します。

|

2019年1月 5日 (土)

交換日記で婚活

交換日記を使った茅野市の婚活企画「結日記(ゆいにっき)」が予想外に反響を呼んでいるといいます。
応募者は、男性41人、女性138人。
対象は、茅野市内在住者と首都圏在住者20歳以上の独身者。

Img_1457 婚活で初めて対面する御射鹿池

年齢や趣味などでマッチングした男女が、12月中旬から10回の交換日記で交流し、
同意した場合は、来春、御射鹿池で初めて対面するという段取りです。

|

2019年1月 4日 (金)

野の花診療所へ

昨年の暮れ、久しぶりに徳永進先生の野の花診療所へ行きました。
ホスピス診療所で、在宅ホスピスなどを行っている野の花診療所は、
星の王子さまのイラストや、長田弘や谷川俊太郎の詩があり、あたたかい雰囲気に満ちています。

Img_1608

Img_1613

Img_1606

Img_1604

そんな空気のなかで、死を受容している患者さんや、野の花診療所で看取られたご家族と、死についてたっぷりと思いを聞かせてもらいました。
「死」に支配されずに、いきいきと生きるヒントをいただいたような気がします。
徳永先生には、ぼくの新しい本に協力してもらって、死についての、楽しくなるようなライブトークをする予定です。
ご期待ください。

|

2019年1月 3日 (木)

イラクからLove

イラクの難民キャンプの子どもたちが、日本チェルノブイリ連帯基金の支援者に絵のお礼をくれました。
アラビア語を使う子どもたちの気持ちが、大きなハートやサンタの絵、
「I Love Thank You」という文字に現れています。

Img_1665

JCFへのご支援、ありがとうございます。

|

2019年1月 2日 (水)

目標は貯筋

ぼくの今年の目標は、昨年に引き続き、「貯筋」です。
昨年は、講演などで全国を歩き回わるなか、時間をつくり、ジムに通い、
筋肉を強化してきました。
ジムに行けないときには、スクワットやかかと落としをやって、太ももやふくらはぎの筋肉を刺激しています。
鎌田のスクワットは、スロースクワットです。
腰を落とす、上げるという動作を4段階に分けてゆっくり行います。
鎌田式かかと落としは、かかとをストンと落とすだけでなく、つま先を上げるのが特徴。
ふくらはぎだけでなく、前脛骨筋も鍛えられます。

Img_8326_2

こんな運動を続けてきた結果、体型が変わりました。
おなか周りが少し減って、胸囲が大きくなり、上腕はパンパンになってきました。
お陰で、以前作ったスーツも作り直すことになりました。

一般に、加齢とともに筋肉は減っていきますが、
減り過ぎてしまうと、活動範囲が狭くなり、活動量が減ってしまいます。
すると、ますます筋肉が減り、フレイル(虚弱)になるという悪循環に陥ります。
65歳を過ぎたら、「指輪っかテスト」で、自分の筋肉量を知っておくことをおすすめします。
両手の親指と人さし指で輪っかをつくり、ふくらはぎのいちばん太いところを囲みます。
指が届かない場合は、ある程度、筋肉量があるという目安になります。
指が届いたり、指が重なったりした場合は、運動や食事で筋肉を太くすることが、健康長寿につながるでしょう。
集英社から、鎌田式のかかと落としやスクワットの本をつくってほしいと言われ、
すでに原稿づくりを始めています。
世の中に、「貯筋」の風が吹いているように思います。

|

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

新しい年が始まりました。
年が変わると、気分が一新します。
新しいことに挑戦したり、初心に戻って日々を大切に生きたり、
そんなきっかけをくれるのが元日です。

Img_1655

ぼくは、この冬、とにかくスキー三昧と決めています。
そのためにジムに通い、筋力アップをしてきました。
スキーの楽しさは、自然に包まれて生きている自分を自覚できること。
無心になって、風とともに駆け下りてくる感覚はすばらしいものです。
そして、雪のなかで人生について、考えられるのも醍醐味です。

この一年がみなさまにとって、よい一年でありますように。

|

« 2018年12月 | トップページ