« お知らせ | トップページ | 鎌田實の一日一冊(343) »

2019年4月12日 (金)

鎌田劇場へようこそ!(416)

「多十郎殉愛記」

主役の高良健吾がいい。
「木枯し紋次郎」「まむしの兄弟」「極道の妻たち」などの傑作を撮り続けた巨匠・中島貞夫が、美しい映画をつくった。
ヒロインは多部未華子。

A7e4adf58f29c464

幕末、主人公の多十郎は親が残した借金から逃げるために、長州を脱藩。
長州と京都見廻り組との闘いに巻き込まれていく。
中島監督の真骨頂。
30分間の大立ち回りは、CGを使わない美しい映像になった。
まさかこんなにおもしろいとは思わなかった。

|

« お知らせ | トップページ | 鎌田實の一日一冊(343) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事