« スクワットとかかと落とし | トップページ | 夢と友情の紙芝居 »

2019年6月22日 (土)

鎌田實の一日一冊(359)

「傲慢と善良」(辻村深月著、朝日新聞出版)

ジャンルはわかりにくいけれど、恋愛小説だ。
婚約者が突然、姿を消した。
その居場所を探すため、過去を向き合う主人公。
物語は緊張で始まるが、傲慢と善良にこだわるためにだんだんうっとうしくなっていく。

Photo_22

ネタバレしないようにしないといけないが、サスペンスでもない。
お見合いサイトが出てくるが、若者たちがお見合いサイトに疲弊していることがわかった。

|

« スクワットとかかと落とし | トップページ | 夢と友情の紙芝居 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事