« あなたらしい死のために | トップページ | 鎌田實の一日一冊(352) »

2019年6月 7日 (金)

鎌田まつり開催

茅野市の玉川地区社協は茅野市のなかでも、市民をまきこんだおもしろい活動を活発に展開し、
新しい町づくりに取り組んでいます。
そんな地区社協が、「鎌田まつり」をすることになりました。

ほろ酔い座談会
Dr鎌田まつり
 大人も子供もワッショイ

2019年7月1日(月)19時~20時30分
会場 茅野市・菊澤公民館

Img_2820

世代を超えて、大人も子どももどうぞという形での「鎌田まつり」。
鎌田の人生や子ども時代のことを語りながら、子どもや若者を大事にする地域づくりをするにはどうしたらいいか、
文化をどう継承するか、など話すつもりです。
もちろん、健康づくりの話も。
このところ茅野市はまた塩分の摂取量が増えてきたというので、もう一度減塩の重要性について確認したり、
スクワットとかかと落としについて語ろうと思います。

茅野市では、各地の公民館が自分たちで企画を考えて、諏訪中央病院の医師を招いたりするようになってきました。
40数年前、ぼくたちは年間80回、「脳卒中で死なないために」という講演をして歩きましたが、
そういう時代とは違って、市民自身がどんな話を聞きたいのか、聞きながら何を考えたらいいのか、
地域を変えるにはどうしたらいいのか、自主的に考えようとしています。
そんなことを考えるきっかけになるというのは、とても光栄でうれしいことです。

 

|

« あなたらしい死のために | トップページ | 鎌田實の一日一冊(352) »