« お知らせ | トップページ | 4刷決定 »

2019年8月 2日 (金)

らくらく入店の会

6月に発足した「らくらく入店の会」が少しずつ広がりだしています。
この会は、原田泰治さんやぼくを含めた4人が発起人となり、障害をもつ人や高齢者らが車いすでも積極的にまちに出かけられるように、バリアフリーをすすめる会です。
先日、原田泰治美術館の真ん前にあるフランス料理店「かわら亭」で、70人ほどが集まって、第一回のミーティングをしました。
コンサートをしている若者や、世界100か国以上を自転車でまわった若者、訪問介護ステーションの経営者、在宅医療に力を入れている若い診療所長など、おもしろい人たちが集まりました。
諏訪の本金酒造の専務は、発起人の一人。
ALSになりましたが、病気に負けず、前向きに生きています。
お酒のブランディングに成功し、10年前に比べて10倍売れるようなったそう。
奥さんも、「らくらく入店の会」ができて、車いすの夫と、子どもを連れて入れる店が少しずつ増えて来てうれしい、と明るく語っていました。

Img_3041

車いすの人が入店しやすい店や施設には、
原田泰治さんデザインの「Free & Easy Access」のマークを貼ってもらい、バリアフリーの目印にしてもらおうと思っています。
諏訪以外の地域、他県の店や施設にも広げたいと思っていますので、バリアフリーをすすめているところはぜひ、ご相談ください。
問い合わせは、原田泰治美術館へ。

|

« お知らせ | トップページ | 4刷決定 »