« 星空キャンプ① | トップページ | 星空キャンプ③ »

2019年8月13日 (火)

星空キャンプ②

VR認知症体験は、認知症の人がどんなふうに世界を見ているか体験できるプログラムです。
特にレビー小体型認知症は、いない人が見えたり、虫が見えたりする幻視が特徴ですが、
それをVRで再現しています。
また、手指は動くのに、ペットボトルのふたが開けられないといった「失行」という症状も、わかりやすく体験できます。
VRという新しい技術で、認知症の理解を深めることができました。

Img_3104

名寄市は、人口3万人を切ってはいますが、北海道では有数の医療成功地域。
名寄市立病院は、道北まで広い範囲をカバーして、救急医療や高度医療を背負っています。
市内にある風連診療所は、地域包括ケアを丁寧に展開しています。
北海道では、人材もよく集まっています。

Img_3099
その病院の職員や名寄市のスタッフ、旭川医科大学の教授や事務方の人たちがキャンプを盛大に盛り上げてくれたお陰で、学生たちの満足度は高く、来てよかった、来年もぜひやってほしいという声を聞きました。

|

« 星空キャンプ① | トップページ | 星空キャンプ③ »