« 2019年9月 | トップページ

2019年10月

2019年10月16日 (水)

ヨミドクター10周年

「ヨミドクター」という読売新聞がつくっている医療・健康・介護サイトがあります。
10年前にスタートしたとき、ぼくの健康エッセイや女優・秋吉久美子さんとの対談などが載りました。
今も見ることができます。
その10周年を記念して、ヨミドクターの今までとこれからについてインタビューを受けました。

20191001_

https://yomidr.yomiuri.co.jp/


ヨミドクターには、いい情報が満載です。
がん患者さんの「あきらめない外来」とか、あごが外れやすい人の予防法はなんていうレアなケースも載っています。
すい臓がんの免疫療法についてなど、専門的な話もわかります。
一部に有料記事がありますが、ほとんどが無料で読むことができます。
ぜひ、ご覧ください。

|

2019年10月15日 (火)

千曲川流域へ緊急支援

台風19号の被害が明らかになってきました。
被害に遭われた方のお見舞いを申し上げます。

たくさんの方から、鎌田は大丈夫かとご連絡をいただきました。
諏訪地方は大雨でしたが、一部の地域で停電はあるものの、大きな川のはん濫はなく、鎌田は元気にしております。

千曲川では堤防が決壊し、甚大な被害を出しています。
その千曲川流域に、アムダと協力して、医師と看護師、メディカルエンジニアの3人が救援に入りました。

Img_3404

アムダは国際医療支援をしている団体。
災害が起きたときにお互いに助け合えるよう、諏訪中央病院と提携しています。
万が一、南海トラフの大地震が発生した場合、諏訪中央病院は四国の阿南市の病院を支援します。
今回の台風19号では、さっそくこの提携が活かされることになります。

|

大橋洋平先生と対談

『緩和ケア医が、がんになって』を書いた大橋洋平先生と対談しました。
胃に、消化管間質腫瘍「ジスト」という悪性度の高い悪性腫瘍が見つかり、手術後、抗がん剤治療をしました。
しかし、今年4月、肝臓に転移。
それでも負けていない大橋先生の著書に感動し、ぜひ話してみたいと思いました。
電話で30分ほど、がん患者が抱える痛みについて話しましたが、もっと話してみたくなり、
名古屋まで大橋先生を訪ねました。

Img_3347
9/22の「日曜はがんばらない」(文化放送)にもゲスト出演していただきました。
その様子は、こちらから↓ 聞くことができます。

http://www.joqr.co.jp/kamata/

緩和ケア専門医の大橋さんが、がんになったとき、どんなことを思い、どんなメッセージを発するのか。
みんなに勇気をくれる大橋先生の話をぜひ、聞いてください。

|

2019年10月14日 (月)

鎌田劇場へようこそ!(439)

「風水師 王の運命を決めた男」

土地や水脈の形状をみるだけで人々の運命を変えることができる天才風水師が、悪の権力と闘う時代劇エンターテインメント。
なかなかおもしろくできている。
鼓楼の女将役のムン・チェウォンが驚くほど美しい。

Photo_20191014112601

今、日韓の関係は冷え込んでいる。
しかし、こんなときだからこそ、韓国の音楽や小説、映画をお互いが親しんでいることが大事だと思う。

 

|

2019年10月13日 (日)

鎌田劇場へようこそ!(438)

「人生、ただいま修行中」

フランスのドキュメンタリー映画。
「ぼくの好きな先生」という大ヒット、ドキュメンタリー映画をつくったニコラ・フィリベールの作品。
「だれかのために生きる」ということを決めた看護師の卵たちの戸惑いや、自分の能力に対する疑いなど、内省していく若者の姿を描いている。
コミュニケーションを大切にしている国の、若者の育て方がとても参考になる。
もちろん、現場はパラダイスではない。
教育者が寛容でなかったりするために、壁にぶつかっている若者もいる。
それでも、若者たちの背中を押す指導システムがあることに感心した。

Photo_20191013124401

看護や介護にかかわるすべての人にみてもらいたいが、組織のなかで人材教育に携わっている人にもヒントをくれる映画だ。
ぜひ、たくさんの人にみてもらいたい。

新宿武蔵野館では、10/11~11/21の40日間、エレベーター内装がこの映画の広告でラッピングされます。

 

|

2019年10月12日 (土)

介護の日セミナー

がんばらない介護生活を考える会は、毎年、介護の日セミナーを開催しています。
今年のテーマは
「人生100年、その先も!
 私らしく、いきいき生きるためのポイント」

2019年11月4日(月)13時~15時40分(開場12時30分)
会場 築地本願寺 本堂
参加費 無料
定員 500人(申し込みが必要です)

1_20191011163801

今年のゲストは、スピードスケート五輪金メダリストの清水宏保さん。
大学院で介護の勉強と経営の勉強をし、札幌で介護施設を立ち上げ成功させています。
もう一人は、50歳でレビー小体病と診断された文筆家の樋口直美さん。
認知症になっても幸せに暮らす方法を伺います。

鎌田は、人生をおもしろく生きる方法、認知症にならない方法をお話ししますが、
認知症になってもいきいきと暮らすことができることを、樋口さんと対談します。

がんばらない介護生活を考える会委員を交え、介護のお悩み相談もあります。

会場の築地本願寺さんには、敷地内にすてきなカフェもあります。
人生100年を考える介護の日セミナーに参加し、充実した時間を過ごしてみませんか。

イベントの申し込みはこちら↓

http://www.gambaranaikaigo.com/

申し込み締め切りは10/25ですが、すでに多数の申し込みがあります。
お急ぎください。

|

2019年10月11日 (金)

チョコ募金キックオフイベント

今年も、チョコ募金の季節がやってきました。
そのキックオフイベントが11月2日に開催されます。

チョコ募金キックオフ&JIM-NET15周年記念
                  チャリティトーク&コンサート
音楽×チョコレート=平和

2019年11月2日(土)18時開場 18時30分開演
牛込箪笥区民ホール
前売り2000円 当日2500円 小中高大学生1000円 未就学児 無料

2020_201910111220012020

出演者
ババガヌージュ<難民キャンプ専用バンド>
 SUGIZO、佐藤慧、斉藤亮平
ゴスペルシンガー
 蔵本順、福田順子、山根圭織、日向彩、熊谷由那、後藤杏奈、配川絵里子
 のはらヒロコ
湯川れい子 音楽評論家
安田菜津紀 フォトジャーナリスト
鎌田實 JIM-NET代表

チケット申し込み方法はこちら↓

https://www.jim-net.org/2019/09/12/4760/ 


チョコ募金は11月15日から受付をスタートします。
今年のチョコ缶は復刻版。
ファン投票で人気のイラスト4種を選びました。
新しいポストカードもできました。

2020_20191011122501

イラクでは、がんの子どもや家族のためのJIM-NETハウスが評判になっています。
第二JIM-NETハウスにも挑戦する予定です。
ぜひ、チョコ募金でのご協力をお願いいたします。

チョコ募金の歌も、YouTubeでご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=y31TXTm66sg

 

|

2019年10月10日 (木)

ホテル・ムンバイ

読売新聞の一面広告で、映画「ホテル・ムンバイ」について、ニュース23のメインキャスター小川彩佳さんと対談しました。

20191008

この映画は、実話をベースにしたもの。
テロリストに襲撃されても、ホテルマンたちが、必死にお客さんを守ろうとします。
自分以外のだれかのために行動する人間がいたことに、ほっとします。
このホテルが再開するとき、当時、泊まってたお客さんたちが集まったといいます。
二度と行きたくないと思ってもしかたないのに、自分の命を救ってくれたホテルマンたちに感謝したいと思ったのです。

このブログの「鎌田劇場へようこそ!」でも紹介しています。

http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-b057e1.html


「ホテル・ムンバイ」、ぜひ見てください。

|

2019年10月 9日 (水)

本別高校で命の授業

本別高校で「教科書にない命の授業」をしました。
この高校は一学年1クラス。
もう5~6人増えると、2クラスになるという状況です。
今年の生徒会長の選挙演説では「地域とつながる」ということを訴えた候補が当選しました。
町の人たちも本別高校を大事にしています。

Img_3416
地域包括ケア研究所代表の藤井さんが、本別高校でWebの指導もしており、
「HOTほんべつ」の取材なども高校生たちが手伝ってくれています。
高校生たちがどんどん自由に発信できると、ますますおもしろくなると思います。

Img_3409

高齢者たちも、社会的にフレイルにならないよう、それぞれの集落にぼくに出向いていって、
鎌田式スクワットやかかと落としを実践してもらっています。

 

 

|

2019年10月 8日 (火)

人も、食も、おいしい町

十勝地方にある本別町の「浮舟」には日本中から、最近は外国からもお客さんがやってきます。
目当てはニンニク焼きや生姜焼き、トンテキ。
約1.5㎝の厚さのトンテキにニンニクがたっぷり載って、キャベツとスパゲティがついて、とにかくうまいのです。

Img_3434


ぼくは本別に行くと、おやきや「TOTTE(トッテ)」に行き、お焼きとコーヒーを頼みます。
お焼きは、信州のお焼きとは違います。
関東の「今川焼」に近いですが、いいバターと卵を使っていて、注文してから焼いてくれます。
このカフェのマスターは、文化人類学を勉強して、この商売にたどり着いたとか。
はじめは帯広でカフェをやっていましたが、祖母の介護で本別に戻ってきて、介護しながらお店をしているということです。
釣りが好きで、「遊ぶために働いている」とにっこり。

Img_3412

本別には、おいしいものがたくさんあります。
おもしろい人たちも住んでいます。移住組もたくさんいます。
「HOTほんべつ」というサイトでは、そんな本別が紹介されています。

https://honbetsu.com/


ぜひ、ご覧いただき、本別を訪ねててください。

|

2019年10月 7日 (月)

鎌田實の一日一冊(371)

「緩和ケア医が、がんになって」(大橋洋平著、双葉社)

緩和ケア医ががんになり、気が付いたことを正直に書いている。
明るくて誠実なドクターだ。

2018年6月、消化管からの大量出血で緊急入院し、胃に悪性の腫瘍が見つかった。
消化管間質腫瘍「GIST(ジスト)」。10万人に1~2人といわれる希少がんだった。
手術で胃をほぼ全摘し、抗がん剤の治療を受けた。
100㌔あった体重は40㌔も落ちたという。
終末期のがん患者を支える緩和ケア医として、だれよりも患者やその家族に寄り添えるという自負があった。
しかし、そんなものは「幻想にすぎなかった」と言う。
患者になったその日から、次々と苦しみが彼を襲った。
そんな体験を朝日新聞の「声」欄に投稿した。
苦しみに直面しながらも、<でも私は生きている。「がんになってもよりよく生きる」とホスピス緩和ケアで言われるが、「よく」など生きられない。確実に弱っているからだ。でも、これからをしぶとく生きていく。全てのがん患者に「しぶとく生きて!」とエールを送りたい>
力強い言葉である。

Photo_20191007121201
本の帯には、「あきらめる、そして頑張る」とある。
ぼくと逆のことを言っている。
大橋先生はこんな手紙をくれた。
「鎌田先生の『がんばらない』『あきらめない』にはとても心を動かされ、率先して緩和ケアの現場で実践してまいりました。
ただ今回、思いがけずがんを患って、手術、抗がん剤治療をしたのですが、残念ながら肝臓に転移。
決して経過も望ましくない現在、これまでどおりに生きられないのを実感いたしました。
だから、思い切って今までの自分をあきらめて、前以上にというより、前以下であったとしても、
これからの自分をがんばって生きようと思いました。
その思いを綴ったのが、『緩和ケア医が、がんになって』でした。
鎌田先生には拙著をお目通しいただけるだけで、甚だ光栄でただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます」

命のぎりぎりを生きているにもかかわらず、あたたかさを忘れないところが大橋先生のすごいとろ。
ぜひ、読んでみてほしい。

|

2019年10月 6日 (日)

メディアで紹介されています

鎌田式スクワットとかかと落としが、いろいろなメディアで紹介されてます。

「中日新聞」と「東京新聞」で9/18、鎌田式スクワットとかかと落としが大きく取り上げられました。
共同通信配信記事で、35の地方紙などで掲載されています。

Img_3401

「日本農業新聞」では、9/23の論点に、「脊柱後湾症を防ぐ」というタイトルで、筋活・骨活をすすめる鎌田の記事が掲載されました。
47年、農村地域で地域医療をしていますが、脊柱後湾症や脊柱前湾症という病気で、背骨が曲がる人を時々みかけます。
脊柱後湾症は、骨粗しょう症があることで起こりやすくなります。
骨粗しょう症は、日本に1200万人いるといわれる国民病。
骨粗しょう症も脊柱後湾症も防ぐために、スクワットやかかと落としなどの筋活と骨活が大事なのです。

Img_3441

月刊「毎日が発見」10月号では、19ページにわたって「鎌田實式若返り健康法」が特集されています。
心の持ち方や運動、食、おしゃれなど多岐にわたって紹介。
ふだんは毎月「もっともっとおもしろく生きようよ」という連載で、健康で楽しく生きるためのエッセーを書いています。

Img_3444Img_3443

Img_3442Img_3445  

「安心」11月号でも、鎌田式スクワットとかかと落としが取り上げられました。
実際にかかと落としで70代の人が高血圧が改善した例や、血圧が140/80から110/80になった例を紹介しています。
ぜひ、高血圧の方も鎌田式かかと落としをやってみてください。

Img_3466Img_3467

また、「女性自身」でも紹介されました。
「女性自身 鎌田式スクワット」で検索すると、記事の内容を読むことができます。

『鎌田式「スクワット」と「かかと落とし」』(集英社)がご好評いただいております。
スクワットのやり方を動画で見たいという人は、
「集英社 鎌田式スーパースクワット 動画」で検索してください。
YouTubeの3分ほどの動画を見ることができます。
「がんばらない介護を考える会」のメンバーで、日本コンチネンス協会の西村かおる先生と一緒に考案した、失禁予防にもなる「スーパースクワット」の方法を紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

|

2019年10月 5日 (土)

鎌田實の一日一冊(370)

「82年生まれ、キム・ジヨン」(チョ・ナムジュ著、斎藤真理子訳、筑摩書房)

韓国で100万部を突破。
日本でもベストセラーになった。
韓国の女性の生きづらさが描かれている。
だが、この問題は韓国だけではなく、日本にも、ぼくが通っている中東にも歴然と続いている問題である。
33歳のキム・ジヨンは結婚し、娘が生まれる。
育児疲れか、うつ病のような症状が出始める。
主治医のカルテを読むように、生々しく、生い立ちやこれまでの出来事が分析されていく。

82

80年代、三番目以降の子どもの出生性比は、男児は女児の2倍以上となった。
女児は歓迎されていない。
キム・ジヨンにも弟が生まれると、家の中は弟が中心になった。
就職するときも男が優先されていく。
1997年のIMF危機のとき、姉が進学する。
経済が崩壊しかかっていくなかでの庶民の生活が見えてくる。
多くの女性たちが、「女だから」という理由で自分の言葉を飲み込んできたことがわかる。
中東でも女子は学校にいけない子が多かった。
日本でも男女の所得格差は歴然としている。
新内閣も女性大臣は2人。
日本も女性が生きやすいように変えていかなければいけないのだと思う。

|

2019年10月 4日 (金)

この秋も、多彩なゲスト

ジャズのボーカリスト中本マリさんと、小淵沢にあるアルソアの奏樹で食事をしました。
アルソアの社長が出てきてくれて大歓迎。
アルソアの構想などを語ってくれました。
食事のあと、酵素をつくるための無農薬の野菜畑へ。
中本マリさんも、ニンジンを採りました。

Img_3454 ホールからは色づき始めた木々が

そんな中本マリさん、11月の第一日曜である11/3、「日曜はがんばらない」(文化放送、午前10時~)に、
ゲストで出演していただけることになりました。
ジャズの奥深い話や、楽しいお話をうかがいます。
ぜひ、聞いてください。

Img_3459  無農薬のニンジンを手にする中本マリさん


このアルソアの農園には、浅田真央さんが植えたトウモロコシもあるとのこと。
すでに真央さんは収穫をすませたようで、その残り物をいただきました。
その浅田真央さん、急きょ、10/6の「日曜はがんばらない」に出演が決まりました。
ここ5年ずっとオファーをしていましたが、やっと夢がかないました。

Photo_20191004115701 10/6の「日曜はがんばらない」に出演する浅田真央さんと

アルソアの農場ではトラクターに乗ったこともあるようで、
いつか農業をやってみたいという思いをもっているようです。
みんなが知らない真央さんの夢を語ってもらおうと思っています。

毎週、すてきなゲストをお迎えする「日曜はがんばらない」
これからもお聞き逃しなく。

 

|

2019年10月 3日 (木)

絆診療所へ

南相馬の絆診療所の遠藤先生を訪ねました。
震災後すぐに支援を求められたのが、遠藤先生でした。
そして、クリーニング屋の女性社長の高橋さんをはじめ、20人ほどの被災した会社やお店の女性経営者たちに、
震災で何が厳しいのか、何を支援したらいいか話を聞く機会を得ました。
そのときに石川建設の社長が同席。
以来、ぼくが行くたびに南相馬の現状を案内し、説明してくれました。
あれから8年半。もう親戚みたいなつきあいになりました。

Img_3389

絆診療所には、ぼくの本が置かれたコーナーが設けられていました。
ありがたいことです。

Img_3387

Img_3382

夜、小高駅の近くにある柳美里さんの本屋さんも訪ねました。
本屋さんの前につくるカフェの工事も始まっていました。
クラウドファンディングが成立して、いよいよ夢が実現しようとしています。
柳美里さん自身は次の作品にとりかかっており、山の温泉に閉じこもって執筆中ということで、お会いできませんでした。

 

|

2019年10月 2日 (水)

鎌田實・坂田明トーク&ジャズ

山形市蔵王にあるシベールアリーナで、ジャズのサックス奏者・坂田明さんと鎌田實がトーク&ジャズのイベントを行います。
ジャズピアニストの大森菜々さんも参加します。

このシベールアリーナは、井上ひさしさんが生前、愛したホールで、ここでよく芝居が上演されました。
鎌田も昨年、講演を行い、とてもいい会場で感激。
久しぶりに、坂田明さんとトーク&ジャズのイベントを行います。

Img_3449

鎌田實・坂田明トーク&ジャズ

2019年10月13日(日) 13時開演(12時30分開場)
山形市蔵王松が丘2-1-3 シベールアリーナ
入場料 4000円(当日4500円)

プログラム
鎌田實 講演「生きているってすばらしい~命・健康・夢・絆が大事~」
坂田明×鎌田實 トークショー「命が透けてみえる」
坂田明 ライブ with大森菜々(ピアノ)

申し込みはシベールアリーナ
 電話023-689-1166(10~19時)
 FAX023-689-1167
 
会場から車で15分程度のところに上山温泉があります。
坂田明さんと前泊し、のんびりしてこようと思っています。
ぜひ、温泉や東北の秋を楽しみがてら、「鎌田實・坂田明トーク&ジャズ」を聞きに来てください。

|

2019年10月 1日 (火)

南相馬でお月見の会

講演のため、いわきを訪ねました。
南相馬の人たちが迎えにきてくれて、いまの南相馬を案内してくれました。
海岸沿いに、大きな風力発電機が4基。
そこらじゅうに太陽光発電が置かれています。
福島県内の発電は、60%が自然エネルギーになったとのこと。
あと4年で、福島県の電力を100%自然エネルギーで賄うことができるようになるといいます。
そんな海では、サーファーたちがたくさん集まって楽しんでいました。
必死に生まれ変わっていく福島の姿が見えました。

Img_3395

Img_3383

8年半前の震災直後に支援に入ると、ぼくたちに寝泊まりする場所や食事を出してくれた人たちがいました。
その人たちが集まって、お酒を飲みながら、あの絶望をどう乗り越えて来たのか、みんなで語り合りました。
しみじみとしたお月見の会となりました。

Img_3396

双葉食堂のラーメン。相変わらず人気で、朝10時から行列ができているといいます。

 

|

« 2019年9月 | トップページ