« 7刷決定 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(458) »

2020年1月23日 (木)

鎌田劇場へようこそ!(457)

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞。
1962年のフィンランドに、ボクシングの世界タイトル戦がやってきた。
挑戦するのは、パン屋の息子オリ・マキ。彼は実在の選手。
オリ・マキの生き方がとてもいい。
ボクシングがショービジネスになっていくのなかで、オリ・マキはどこ吹く風。
対戦当日、結婚指輪を買う。

Photo_20200123124701
結婚相手のライヤがまたいい。
全然、チャンピオン戦なんて気にしていない。
忖度なんてまったくしない、ゴーイング・マイ・ウェイなのだ。
原題は「ほほえむ男」という意味だが、とても納得できる。
最後に本物のオリ・マキとライヤが一瞬登場するが、これもまたいいのだ。
ハート・ウォーミング・ラブ・ストーリーである。

|

« 7刷決定 | トップページ | 鎌田劇場へようこそ!(458) »

映画・テレビ」カテゴリの記事