« コロナと認知症 | トップページ | コロナとジャズ »

2020年6月24日 (水)

#イラクにマスクを

イラクの3か所の病院にマスクや消毒用アルコールなどを送るため、JIM-NETとJCFはクラウドファンディングを開始しました。

Photo_20200624033801
イラクでは、このところ感染爆発が起こり、1日の陽性者が1800人近くになりました。
4、5月はロックダウンが成功し、非常に少ない数で推移していましたが、ラマダンによって崩れてしまいました。
ラマダンは、太陽が上っている間は絶食しますが、太陽が沈むと皆が集まって食事をするという習慣があります。
これが、感染爆発につながったようです。

もともとイラクはイラク戦争によって医療が疲弊していたところに、テロ組織ISが台頭。
ISに病院を乗っ取られるなど、病院は困難な時期を過ごしてきました。
特に、モスルのイブン・アル=アシール病院などは余力が全くありません。
プライマリーヘルスケア診療所も、難民キャンプにありますので、感染者が一人出れば、クラスターになり、
クラスターが広がれば、日本のように緻密に追跡して防ぐことができず、すぐに大火になってしまいます。
首都バグダードの病院も、戦争の爪痕は大きく、コロナ対策が十分とは言えません。
消毒用のアルコールも、ガウンも、マスクもないないづくしです。

ぜひ、白血病の子どもや、難民キャンプの子どもの命を守るために、ご協力をお願いいたします。

JIM-NETのホームページ

https://www.jim-net.org/2020/06/19/5735/

寄付はこちら↓

https://syncable.biz/campaign/1115/

|

« コロナと認知症 | トップページ | コロナとジャズ »