« スウェーデンから学ぶ | トップページ | 発症10日後に退院 »

2020年6月19日 (金)

コロナとデイサービス

新型コロナは、介護の世界にも大きな影響を与えています。
特に、デイサービスは経営の危機に瀕しています。
緊急事態宣言で多くの人が利用を控え、ケアマネジャーも家庭訪問ができず、新規利用者をサービスにつなげることもできませんでした。
このような状態が続けば、経営を維持するのが難しく、すでに7施設が倒産しています。

利用できなかった高齢者も、厳しい状態が追い込まれています。
デイサービスの入浴介助を受けられず、2か月も入浴できない人がいたり、歩けていた人が、自粛生活で歩けなくなったり。

Img_4911

負の形ではありますが、デイサービスやデイケアの存在価値がより明確になりました。
これから来る感染の第二波、第三波に備えながら、どうしたらデイサービスやデイケアを続けていくことができるのか。
国は、事業所の経営を補助することも含めて、安全に介護サービスを提供するための方針を出さなければいけないと思います。

 

|

« スウェーデンから学ぶ | トップページ | 発症10日後に退院 »