« #イラクにマスクを | トップページ | コロナと介護崩壊 »

2020年6月25日 (木)

コロナとジャズ

山形県のシベールアリーナは、山形出身の作家・井上ひさしの芝居を上演できるような劇場として、地元のお菓子屋さんのシベールが作りました。
芝居や、落語、ジャズのコンサートなどを行う、芸術、文化の発信拠点として多くの人に愛されてきました。
近くには、井上ひさしの寄贈本を収めた遅筆堂文庫もあります。

しかし、そのシベールが民事再生法で倒産。
東ソー株式会社が命名権を得て、現在は「東ソーアリーナ」として引き継がれることになりました。
東ソーアリーナそよ風基金がクラウドファンディングを行い、たくさんの応援者から586万円の寄付が集まりました。

ぼくは、シベールアリーナ時代に、加藤登紀子さんからすばらしい劇場なので応援してあげてほしいと言われており、
昨年、鎌田實・坂田明のトーク&ジャズコンサートを行いました。
大好評でした。

20200625

今年は、7月24日に鎌田實・中本マリのトーク&ジャズコンサートを行います。
コロナに負けない健康法や、コロナ時代を生きるヒントを講演する予定。
中本マリさんは、ピアノの加納新吾さん、ベースの米木康志さんとともにすてきなライブを聞かせてくれます。
「スイングジャーナル」でボーカル部門8年連続人気第一位という歌姫の中本マリさん。
ぼくも大ファンで、「日曜はがんばらない」にも、ゲスト出演もしていただきました。

もちろん、ホールは密を避け、定員を50%に。
近くには、かみのやま温泉があり、古窯に泊まります。
ぜひ、温泉に入りながらコロナ疲れを癒し、最高のジャズを聴いてみませんか。

音楽、芸術、文化は、不急だけれど、不要ではありません。
音楽や芸術、文化を大事にしたいものです。

 

東ソーアリーナのホームページはこちら↓

http://www.gen.or.jp/

|

« #イラクにマスクを | トップページ | コロナと介護崩壊 »