« 鎌田實の一日一冊(388) | トップページ | 「コロナ、原発」を語る »

2021年3月29日 (月)

スキー68日目

ついに68日目で、転倒してしまいました。
スキー板が外れて、一瞬空中に投げ出され、顔から落ちたようです。
骨折は免れましたが、軽いむち打ちと、顔にひどい赤タンをつくりました。
地面に落ちたときには、どうしてスキー場にいるのかわかりませんでした。
一過性の逆行性健忘が起きていたようです。

2in1のラインを滑っていたのですが、林間学校の学生たちが右に集まりだしたので、それを避けるために左 へ出たところ、上から猛スピードで滑ってくるスキーヤーと接触したようです。

Img_6207

4日後、吉永小百合さんと5月にロードショーされる映画「いのちの停車場」の対談があります。
赤タンの顔を隠すため、写真撮影のときだけサングラスと帽子をかぶろうと思っています。

スキーは、自分自身が風になったような気持ちになれます。
風になって、人生のことや命のことを考えたり、自分を内省しています。
スキーは、ぼくにとっては人生みたいなもの。
このぐらいの怪我ではめげません。
来年も、鍛えて鍛えて鍛えて、さらに体をつくってスキーを楽しみたいと思っています。

 

|

« 鎌田實の一日一冊(388) | トップページ | 「コロナ、原発」を語る »