« 東日本大震災から10年、その記憶(16) | トップページ | 東日本大震災から10年、その記憶(18) »

2021年3月 2日 (火)

東日本大震災から10年、その記憶(17)

チェルノブイリの放射能汚染地域であるベラルーシのゴメリ州。
この地域の病院長先生に福島医大で講演をしてもらうことになりました。
飯舘村の若者に、村の状況を案内してもらっているところです。

09img_4704


放射放射能の「見える化」が大事であり、健康診断と食べ物などの放射能測定、体内被曝の測定の大事さを強調した講演になりました。

|

« 東日本大震災から10年、その記憶(16) | トップページ | 東日本大震災から10年、その記憶(18) »