« 鎌田劇場へようこそ!(524) | トップページ | スキップ »

2022年1月21日 (金)

爽快感と息切れ

富士見パノラマスキー場の3 km のダウンヒル。
この斜面を、朝いちばんに2本から3本、ノンストップで滑り降りる爽快感は何とも言えません。

Img_7062

しかし、爽快感の一方で、息切れすることも多くなりました。
この半年ほど、心房細動や尿管結石などであまり体に負荷をかけていなかったため、心肺機能が少し低下しているのかもしれません。
最大酸素摂取量を改善するためにも、心拍数を120ぐらいに上げるトレーニングをしています。

3月にはマスクをかぶりながら自転車をこぎ、最大酸素摂取量を調べる検査をする予定が入っています。
今のところ心房細動の再発は全く見られませんが、4月には念のためにもう1回、カテーテル・アブレーション治療を行おうと循環器科の医師からすすめられています。
73歳になると一つや二つ不具合をかかえるもの、と納得しています。
できるだけ精神的なストレスが加わらないようにしながら、肉体的な負荷は徐々に強めていこうと思っています。

 

|

« 鎌田劇場へようこそ!(524) | トップページ | スキップ »