« 高い塀が隔てるもの | トップページ | 再放送 »

2023年10月17日 (火)

10月のイチオシエッセイ

写真家の大竹英洋さんのめちゃくちゃおもしろいエッセイ「そして、ぼくは旅に出た。はじまりの森ノースウッズ」(文春文庫)
自然写真家をめざしていた著者は、写真集「ブラザー・ウルフ」に衝撃を受け、
写真家ジム・ブランデンバーグに会いに行く。
その過程で、何人もの親切な人に出会い、ブランデンバーグへとつながっていく。
その勇気がすごい。
運ももっている。
すぐに引き込まれ、読み応えがあった。

Photo_20231012194601

その写真集「ブラザー・ウルフ」を見てみたいと思い、調べたらすでに絶版。
ネットで手に入れることができた。
ブランデンバーグは一日一回しかシャッターを切らないとか。
光やタイミング、構図、考え抜いて撮るということなんだろうか。
すばらしい写真集だった。

Img_9658Img_9657  

|

« 高い塀が隔てるもの | トップページ | 再放送 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事