« 2024年3月 | トップページ

2024年4月

2024年4月17日 (水)

春らんまん

信州に遅い春がやって来ました。
梅と桜が一気に満開。
モクレンや水仙も咲き誇っています。

Img_0648

今年は暖冬と言われたわりには、3月に大雪が何回かあり、遅い桜となりました。
春らんまんです。

|

2024年4月16日 (火)

岩佐賞

第4回SDGs岩佐賞が発表されました。
この賞は、公益財団法人岩佐教育文化財団が
医療、教育、福祉、環境、経済、平和、人権、芸術・スポーツ、農林水産・食の分野で目覚ましい功績や課題解決に取り組んでいる個人・団体を支援するために授与するもの。
100万~3000万円が授与されます。

今回の医療の部では、コロナ禍で医療を下支えした一般社団法人KISA2(きさつ)隊が受賞しました。

Img_0616

第5回のSDGs岩佐賞の募集も始まりました。
募集は5月13日まで。
われこそはという人や団体、あるいはすばらしい活動をしている人や団体を推薦してみては。

https://www.iwasazaidan.or.jp/

|

2024年4月15日 (月)

自然寛解

月刊「潮」で連載している「希望・日本」。
5月号は、「余命告知を覆した三人に共通する可能性とは」と題し、
ステージ4から完治した3人にインタビューしています。

Img_0615

特に驚くのは、スキルス胃がんで肺に転移した方の体験です。
南三陸の病院に入院し、
貧血が進んでいたため輸血が終わって久しぶり入浴していたとき、
東日本大震災が発生しました。
津波が襲い、5階まで避難。
手をひっぱりあげられて、5階に逃げることができた最後の一人でした。
入院患者107人のうち72人が犠牲になるなか、
まさに九死に一生を得たのです。

その2か月後に仙台の病院で検査を受けると、肺に転移していたがんが消えていました。
がんの自然寛解です。

ぼくたちのカラダのなかには、わからない力があるのだと思いました。

 

|

2024年4月14日 (日)

毎日一つ

「鎌田實のまいにち健脳日めくりカレンダー」

書店では会計まわりなど、目に留まにりやすい場所に置かれています。

Img_0623

運動習慣が続かないという人の強い味方。
30種類の運動が紹介されているので、一日1種、慣れてきたら2~3種の筋活をやりましょう。

H1_rgb

|

2024年4月13日 (土)

鎌田實の一日一冊(431)

「四重奏」(逸木裕著、光文社)

主人公は、大切に思っていた女性の死にショックを受け、
その死の真相を知ろうとする。

二人ともチェロ奏者。
物語のなかに、マーラーの交響曲二番復活とか、
ショスタコーヴィチ交響曲第五番とか、
クラシックの楽曲が出てくる。
iPhoneで調べて、その音楽を流しながら読んでいく。
ショスタコーヴィチの楽曲は、チェロとコントラバスに始まり、バイオリンとヴィオラが追っかけていく、そんな音楽だ。
ブルックナーの交響曲第九番というのも出てきて、
検索しているうちに、カラヤン指揮のウィーンフィルの映像が見つかった。

Photo_20240413083901

この作家の本は初めて読んだ。
人を理解するということはどういうことなのか。
音楽を理解するということはどういうことなのか。
おもしろい展開の音楽ミステリー。
ページをめくりながら幸せを感じた。

|

2024年4月12日 (金)

夜桜を楽しむ会

12年前、東日本大震災の被災地支援のため、
さだまさしさんと鎌田のトーク&コンサートをしました。
利益金は福島の小さなNPOに届けました。

Img_0587

Img_0585

会場は、豊田スタジアムのバレーボールの国際大会が行われる体育館を無料で貸していただきました。
そのときの社長さんは毎年、夜桜を楽しむ会を開催しており、
さださんは恩返しとして、スケジュールを割いて夜桜の会でミニコンサート。
奈良の名店の和菓子もたくさん、お土産にもってきました。

夜桜を楽しみながら、おいしいものを食べ、さださんの歌に大満足の会となりました。

 

|

2024年4月11日 (木)

ズボラ筋トレ

「PHPからだスマイル」5月号
「運動ぎらいのがんばらないズボラ筋トレ」

Php

Img_0612

鎌田が「がんばらない筋活のススメ」と題して、筋活の大切さを語っています。
フレイル・サルコペニアの目安になる指輪っかテスト
握力の低下を防ぐペットボトル運動
いすにゆっくり座るスクワット
など

 

|

2024年4月10日 (水)

長生き食事術

夕刊フジで
4月2日から5日間連続で「鎌田實医師が実践!長生きするためり食事術」が掲載されました。

健康の新しい合言葉「あさはきた、にぎやかだ」
腸の老化防止
認知症を遠ざける食生活
など

Img_0613

|

新発売

『13歳からの生き方の教科書』(致知出版社)

ベストセラー「1日1話、読めば心が熱くなる365人の教科書」シリーズを、
中高生向けに編集してほしいという要望が寄せられたことをきっかけに誕生した本。
子どもたちの生きる力と考える力を育てる52編の実話。

鎌田實の「命のバトンタッチ」も載っています。

13

|

2024年4月 9日 (火)

7万部突破

『鎌田式長生き食事術』(アスコム)
11刷7万部を突破しました。
全国でよく読んでいただいています。
ありがたいことです。

4_20231128133801

|

2024年4月 8日 (月)

春の庭で

信州にもようやく春がやってきました。
1、2月は雪が少なく暖かだったのに、3月に大雪が3度降り、
春の到来も遅れたように思います。

Img_0607

久しぶりにバラクライングリッシュガーデンでお茶をしました。
全国で通算4万本売れたというバラクラのアップルパイ。
大好物です。

Img_0602

|

2024年4月 7日 (日)

鎌田劇場へようこそ!(558)

「ブルックリンでオペラを」

久々に自由でおもしろくて豪華な映画を見た。
人生には予想しなったことが起こる。

夫は、人気の現代オペラ作曲家だが、スランプに陥り5年間一曲もかけない。
演じるのはピーター・ディンクレイジ。
妻は精神科医で、完璧主義で潔癖症。
「プラダを着た悪魔」や「マイ・インターン」のアン・ハサェイが演じている。

ある日、夫が愛犬をつれて散歩に出ると、
自由で怖い者知らずで恋愛依存症の女船長カトリーナがあらわれる。
そこから人生が思ってもみなかった方向に展開していく。

Photo_20240407085301

自由であることの大切さが描かれていて、笑いながら感動。
ピーター・ディンクレイジがかっこよくてかわいい。

4月5日公開。
新宿ピカデリーや、シネ・リーブル池袋など。

 

|

2024年4月 6日 (土)

お知らせ

「週刊文春」4/4号
「認知症を予防する最強のブレインフード」では、
鎌田がDHAなどを含むサバ缶や、アスタキサンチンのサケ、キンメダイ、発酵食品のヨーグルトなどを紹介しています。

Img_0609


「ゆうゆう」5月号増刊
「60歳からのさ3大不安『お金・健康・孤独』を解決!」
鎌田が「時間に流されるのではなく、時間を支配して生きよう」
「一人力を鍛える健康ソロ活」
「心の重荷を解き放つ鎌田式一汁一菜瞑想法」などを紹介しています。

5_20240406090401

 

|

2024年4月 5日 (金)

人口戦略シンポジウム

Photo_20240405091601

出生数は76万人と厳しい現実。
婚姻数は戦後初めて50万組を割れました。
人口減少はある程度しかたないにしても、
生産人口をどう確保するか、日本の未来がかかってきます。

民間有志が立ち上げた人口戦略会議は
「76年後の2100年、人口8000万人で国家を安定させる」と提言しています。
経済界はかなり本気になったきましたが、政治と、もうひとつ国民が人口戦略に関して意識を持つことが大事だと思います。

4/24人口戦略シンポジウムに、鎌田が子ども子育て市民委員会の共同代表の立場で登壇します。
興味のある方は、ご参加ください。
入場は無料です。

 

|

2024年4月 4日 (木)

鎌田塾

佐賀ではがんばらない健康長寿実践塾(鎌田塾)を開催。
西九州大学准教授の中村雅俊さんをゲストに迎え、「伸張性筋収縮」について語り合いました。
筋肉は縮めるときより、伸ばしているとき(伸張性筋収縮)のほうが効率的に増えるということで、伸張性筋収縮の代表的運動であるスクワットを、会場の皆さんと一緒にやってみました。

Dsc_0803

Dsc_0823

Dsc_0915鎌田塾をつくったミズグループの溝上泰弘さん(左)と、中村雅俊先生と

 

 

|

2024年4月 3日 (水)

今読みたい本を語る

佐賀にあるまちなかライブラリー鎌田文庫でイベント。
鎌田おすすめの絵本、写真集、画集について1時間半、お話しました。

毎月、鎌田文庫では「鎌田のイチオシ」の小説や絵本などを展示していますが、
それとは別に、今読んでおきたい本を紹介しました。

Dsc_0553

Dsc_0620

|

2024年4月 2日 (火)

最強の食

文春ムック「健康寿命を延ばす!最強の食 完全ガイド」(1100円)

週刊文春から何度も取材を受けてきた健康長寿のコツ。
それが一冊のムックになりました。

鎌田おすすめの野菜・モロヘイヤのことや、減塩の方法、
高野豆腐のことなど、詳しく掲載されています。

51lbhucusl

|

2024年4月 1日 (月)

能登雪割草まつり

輪島市門前町で先月24日に開催された能登雪割草まつり。
風に立つライオン基金のライオンカフェが開かれ、大好評でした。

Img_0564
鎌田はYouTubeライブで「被災地でどう健康を守るか」という話をしました。
東日本大震災のときには、血圧が高くなった人、糖尿病になった人、
免疫力が低下して風邪をひきやすくなった人、睡れない人がたくさんいました。
それらを改善するには、体を動かすことが大事です。

YouTubeライブでは、ワイドスクワットと鎌田式かかと落とし、ランジを一緒にやってもらいました。
うそ笑いでもいいから、ちょっと笑う「ちょいニヤ」、ちょっとホッとする「ちょいホ」、おいしいものを食べる「ちょいウマ」も大切。

Img_0567

フレイル予防というと、筋肉のフレイルのことをイメージしがちですが、
口腔フレイルや社会的フレイルにならないようにすることも意識してほしいと述べました。

今回の雪割草まつりのようなイベントは、フレイル予防、そして復興のためにとてもいいことです。

|

« 2024年3月 | トップページ